HadoopTimes

実践 機械学習:レコメンデーションにおけるイノベーション
イベント

30名限定!具体的なデモ付 「Tableauでビッグデータはこう使う」

~誰もが使えるTime to Valueを最適化し、データの価値を最大化するソリューション~

【日時】 4月24日(月)16:00~18:00(15:30開場)
【主催】 マップアール・テクノロジーズ株式会社
Tableau Japan株式会社
【参加費】 無料(事前登録制)
【定員】 30名
【会場】 Tableau Japanセミナールーム
東京都中央区銀座3-4-1大倉別館5階
【PDF】 PDF版の概要は
こちらよりダウンロードいただけます。

データドリブンの時代になり、誰もがデータを活用しながら自分の業務を効率化、最大化する時代とも言えます。
そのマーケットの流れの中で「セルフサービスBI」というカテゴリーを作り、Tableauは誰もがデータを見て理解できるように支援をしてきました。

一方、経営陣や営業マネージャが売上データだけを分析する時代は終わり、データは多種多様かつ大容量化しビッグデータとなりました。さらにそのデータはリアルタイム化し、IoTのキーワードも生まれました。

各ユーザはいかにこの容量も種類も数も多いデータを自分で活用できるかが成果を出す秘訣となっています。

今回、ビッグデータ/IoTで広く活用されているMapRとセルフサービスBIのリーダーTableauで、ユーザが「ビッグデータ」を「セルフサービス」で「迅速に」使えるソリューションをご紹介します。

【アジェンダ】
16:00-17:00 MapRセッション
「ビッグデータをデスクトップBI同様セルフサービスで自在に活用」
データを活用するためには収集・蓄積し、処理して活用する3段階を行う必要があります。この全ての処理をセルフサービス化し、ユーザ自らが自在にデータを操作し、たとえペタバイトクラスのビッグデータでも夜間バッチにすることなくデータを活用する方法2つを、デモや実際のお客様の利用例もご紹介しながらご説明します。
17:00-18:00 Tableauセッション
「ビッグデータと簡単に対話するためには?ビジュアル分析をすべてのお客様に」
Tableauは、ほんの数分で様々なデータに接続し、高度な分析ノウハウがなくともドラッグ&ドロップで直感的に操作、簡単にデータを分析し、視覚化することができます。インタラクティブなダッシュボードも数クリックで作成、そしてセキュアに公開できます。これまでのBIツールや表計算ソフトで満足できない方に、ピッタリのソフトウェアです。
本セッションではデモを通じてTableauの優れたデータ分析、視覚化機能や導入メリットをご説明いたします。

※記載された社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

セミナーに関するお問合せ

マップアール・テクノロジーズ株式会社

Eメール:
sales-jp@mapr.com