HadoopTimes

ストリーミングアーキテクチャ Apache Kafka とMapR Streams による新しい設計手法
最新動向

私たちの生活を豊かにする、ビッグデータの5つの活用法

Google Capitalが行ったMapRへの出資に見られるように、ビッグデータやHadoopなどが企業において確固たる地位を築いているのは明らかである。ビッグデータは様々な産業の企業において、効率性と機会を向上させビジネスの改善し、顧客により良いサービスを提供するために利用されている。

しかし、ビッグデータの日常に与える影響が日々増していることはあまり明らかになっていない。変化は徐々に現れているため、最初は気づかないかもしれないが、ある日突然、それら無しではもはやどうしていいかわからない状況になり戸惑うのである。Googleより前に何を行ったのだろうか?

ここでは5つの例を紹介します。

  1. より効果的でより安価なヘルスケア:MapRを利用するヘルスケアの提供者は、診断、ケアの提供および効率を改善してきている。ビッグデータは、様々な患者集団に対する、有効性に基づいた様々なプロトコルや治療法の持つ影響をより良く理解するため表に出ることなく利用されている。マッキンゼー社は、システム全体にわたるビッグデータの影響は、ヘルスケアに対する費用の3000から4500億ドルの削減につながると推定している。これは、個別で費用対効率の高いヘルスケアシステム実現のほんの始まりにすぎない。
  2. より信頼性の高い携帯電話の利用:MapRの技術は通信サービスプロバイダによって、全世界のモバイル機器で作成されやり取りが行われているデータ(写真、動画、テキスト、Eメールなど)の管理を支援している。通信サービスプロバイダは、サービスの質の向上、より良いアプリケーションの提供、そして全体的に携帯電話がより良く利用されるためにMapRの技術を利用している。
  3. よりパーソナライズ化されたエンターテイメント体験:ビッグデータを利用し、企業は個人に合わせたエンターテイメントを提供することができる。MapRの顧客であるBeats Music(Appleにより買収)は、Hadoopを同社の個別ストリーミング音楽サービスの基盤として利用している。Beats Musicはユーザーが何をしているか、どんな気分でいるかなどを分析し、好みにピッタリな音楽体験を提供する。そのため、ユーザーは音楽を探す必要がなく、聞きたいと思った時にそこにピッタリの音楽がある状況になる。
  4. より満足度の高いショッピング体験:ビッグデータを利用することで、店舗は顧客により良いショッピング体験を提供することができる。例えば、顧客がどこにいてもリアルタイムで個別に商品を勧めることが可能となる。店舗はまた、ビッグデータを使い詐欺などを認識することができ、顧客のクレジットカードを保護できる。ビッグデータにより効率化が促進されるため、コストを抑えながら注文商品を素早く顧客に届けることが可能となる。
  5. より魅力のあるゲーム体験:ビッグデータはまたより魅力のあるゲーム体験を可能にしている。ビデオゲーム開発者は、ゲームのプレイヤーから大量のデータを収集、処理、分析をし、ゲーム体験をどのように改善するかを把握するためにMapR技術を利用している。ユーザーは好みに合った、より改善されたゲーム体験をすることができる。

これらはビッグデータが私たちの生活をどのように変化させていくかのまだ始まりに過ぎない。モノのインターネット(Internet of Things)のさらなる拡大に従い、ビッグデータはインターネットそのものであるかのようになるだろう。ビッグデータとは、我々が求める体験を提供するために、我々が依存するようになった“もの”なのである。

こちらの記事もおすすめです