HadoopTimes

ストリーミングアーキテクチャ Apache Kafka とMapR Streams による新しい設計手法
ニュース

SBIグループのビジネスを支えるデータ管理基盤にMapRを採用

報道関係各位

2018年4月23日
マップアール・テクノロジーズ株式会社

SBIグループのビジネスを支えるデータ管理基盤にMapRを採
さらなるビッグデータ活用に向け、データサイエンティストに快適な分析基盤を提供

業界初で唯一のコンバージド・データ・プラットフォームを提供するマップアール・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区、以下  マップアール・テクノロジーズ)は、SBIホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:北尾 吉孝 以下、SBIホールディングス)がSBIグループ全体のデータ管理基盤に「MapRコンバージド・データ・プラットフォーム」を採用したことを発表します。

証券・銀行・保険といった金融サービス事業を中心に、アセットマネジメント事業、バイオ関連事業など、多角的なビジネスを展開するSBIグループは、この数年で各種サービスの利用者数が大きく伸び、2018年3月時点で 延べ2,200万人を超えています。膨大かつ多様なデータを様々な施策に活用することでビジネスの活性化を狙うSBIグループは、2012年、SBIホールディングス社長室にビッグデータ解析のためのグループ横断的な組織体制を立ち上げました。

Webアクセスや広告配信、フォーム入力などの履歴データをはじめ、購買履歴や顧客情報といった事業データなど、多様なデー タソースを持つSBIグループでは、集められるデータは1日あたり数十GBにもおよび、これを効率よく管理・活用することが大きな課題となっていました。

当初、グループのデータ管理基盤に使用されていたシステムが、複雑で変化の激しい金融系のデータに追随できないことが問題視されていたため、SBIホールディングスでは技術勉強会等で情報を収集し、各方面で評判の良かったMapRに注目。2014年からMapRのコミュニティエディションを利用してテスト運用を開始し、性能や機能の評価を行いました。テスト運用の結果、データベースの処理が非常に早く既存のハードウェアの性能を最適化できること、学習コストも安価に済むことなどから、2017年に商用版MapR エンタープライズエディションの採用を決定しました。

同グループの分析環境では、金融業界でも積極的に活用されているHadoopを中心に様々なツールを利用しているため、Hadoop分析基盤との連携が非常に重要な要素でしたが、MapRはこの条件も満たしていました。

MapRは拡張性や柔軟性に優れ、 一般的なHadoopエコシステムとの連携も容易であるほか、Apache Drill のような仕組みも自動的に分散されるため、導入後、運用や開発でストレスがない点も高く評価されています。現在では、34社の広告データ、52サイトのアクセスログといった履歴情報や顧客情報などのグループ横断データを解析基盤に取り込み、ビッグデータ解析や機械学習などの技術応用しつつ、マーケティングやプロモーションなどの施策に活用しています。

データサイエンティストを積極的に採用し、分析組織の強化に注力しているSBI ホールディングスでは、将来的にさらに大規模かつ複雑なビッグデータの解析に取り組む必要があります。データ保全やシステムの安定稼働にも貢献するMapRが、SBIグループのデータ基盤を将来にわたって支援していく予定です。

MapRコンバージド・データ・プラットフォームについて

MapRコンバージド・データ・プラットフォームは、コスト効果の高い一般的なハードウェアを最大限活用しながらも、クラウドシステムに求められる稼働時間や信頼性、最新のデータサービスアーキテクチャへの道筋を提供します。さらに、このプラットフォームは、ペタバイトクラスの環境においても優れたデータ管理能力を提供します。

特許取得済のMapRコンバージド・データ・プラットフォームは、ファイルやデータベースのテーブル、あるいはストリーム上のデータへのアクセスを独自の方法で高速化しています。また、アクセス性、セキュリティ、高可用性、災害復旧、データ保護などの特性を備え、かつNFS やPOSIXに準拠したオープンな環境を
提供しているため企業のIT環境に適用することが容易です。さらに、クラウドでもオンプレミス環境でもその両環境をまたがっても、分散プロセッシングや非常に高い拡張性とパフォーマンスを提供します。

マップアール・テクノロジーズについて

MapR Technologiesは、すべてのクラウドのすべてのデータに対して1つのプラットフォームを提供するパイオニアであり、企業はMapR Converged Data Platformを使用してすべてのデータを活用することが可能になります。企業は、データが発生すると分析およびアプリケーションを一緒に実行し、競合製品を上回るインテリジェントな次世代アプリケーションを作成できます。グローバル2000企業がもっとも複雑なデータの課題を解決するためにMapRプラットフォームを利用しています。Amazon、Cisco、Google、Microsoft、SAPやその他のトップ企業がMapRのグローバルなパートナーエコシステムに参加しています。詳細はこちらをご覧ください。
http://www.mapr.com/
https://community.mapr.jp/

MapRは、米国およびその他の国におけるMapR Technologies,Inc.の登録商標です。
他の名前およびブランドは、他者の財産である場合があります。

ホームページ:http://www.mapr.com/
Facebook:https://www.facebook.com/maprjapan
Twitter:https://twitter.com/mapr_japan
ビックデータ/IoT/機械学習のための総合情報サイト:https://community.mapr.jp/

お客様からのお問い合せ先

マップアール・テクノロジーズ株式会社 営業部
Tel: 03-6386-0920  E-mail: sales-jp@mapr.com

報道関係者からのお問い合せ先

マップアール・テクノロジーズ株式会社 広報代行 担当:大橋
Tel: 03-6278-7566  Email: maprpr@leadplus.co.jp

以 上

導入事例:SBIホールディングス株式会社

導入事例:SBIホールディングス株式会社
SBIグループは証券・銀行・保険といった金融サービス事業やアセットマネジメント事業のほか、医薬品や健康食品、化粧品などの開発・販売を行うバイオ関連事業を展開しています。

同社は、分析システムとしてHadoopを中心に、さまざまなツールを利用しており、これらをつなぐデータ管理基盤の選定が必要となり、最終的にMapR エンタープライズエディションを採用しました。

こちらの資料では、SBIグループが目指す効率的で効果的なハイブリッド環境に向けて、MapRを導入することでどのように改善したのかをお話いただきました。

ぜひご覧ください。

無料ダウンロードはこちら