HadoopTimes

ストリーミングアーキテクチャ Apache Kafka とMapR Streams による新しい設計手法
技術情報

MapR オープンソースへの取り組み

Hadoopの商用ディストリビューションは、以下の3つのイノベーションカテゴリーに分類されます。図に見られるように、すべてのディストリビューションは本質的にApache Hadoopのエコシステムから同じプロジェクトグループをパッケージ化しています。MapRは一番右の第3カテゴリーに分類され、エンタープライズクラスに必要なイノベーションと、最新の Apache Hadoop のエコシステムを提供します。

open-source-commitment-diagram

主な特長

エンタープライズ利用に必要な柔軟性

icon2-more-data_3MapRは、ほとんどのApacheエコシステムの旧バージョンをサポートしているため、企業は独自のスケジュールでビッグデータシステムの構築をすることが可能です。MapRは常に製品リリース前にオープンソースプロジェクトのテスト、検証、安定化を行なっています。MapRでは通常、新たにリリースされたオープンソースプロジェクトの最新バージョンへのアップグレードをリリースから90日以内に行ないます。MapRのコアプロジェクトへの更新も含め、MapRのディストリビューションは頻繁に更新され、最新状態を維持しています。オープンソースプロジェクトへのMapRの貢献はGitHubを通じて公開され、MapRのバイナリはMavenリポジトリを通じてインテグレーション可能です。

Hadoopエコシステムのイノベーション

icon2-power-of-open-source_1MapRはApache Zookeeper、Apache Mahout、Apache Stormなどいくつかの Hadoop プロジェクトに対して重要な貢献も行っています。コミュニティでユニークな能力を発揮できる主要なオープンソースプロジェクトの開発ではMapRが陣頭指揮を執っています。例えば、Apache Drillプロジェクトでは、MapRは比較的大きなコミュニティを育て、共に取り組んでいます。このプロジェクトでは、集中型スキーマとアプリケーションベースの動的スキーマのデータベースの双方で、ミリ秒単位のANSI SQLクエリ性能を提供するという大胆な目標を設定しています。

オープンスタンダードへの取り組み

icon4-transforming-businessMapRはApacheプロジェクトにバイナリレベルでの互換性を提供しているため、ファイルシステムレイヤーへの MapR のイノベーション技術によって、エンドユーザを特定のベンダに囲い込むようなことはありません。これによりユーザはMapRからの乗り換えやMapRへの乗り換えを常に自由に行えます。さらに重要な事は、MapRはHadoopの標準インターフェイスだけでなく、POSIX、NFS、LDAP、ODBC、REST、Kerberosなど幅広い業界標準をサポートしていることです。