HadoopTimes

製造業のデータ活用のユースケースから見るIoTとAIのビッグデータとの関係

製造業のデータ活用のユースケースから見るIoTとAIのビッグデータとの関係ビッグデータの登場で大きく変わった業界の1つが、製造業だ。例えば、グローバルにある全ての工場の製造データを比較・分析するというユースケースがある。工場ごとに存在するデータベースから本社にデータを集約し、さまざまな角度からKPI分析をする狙いだ。だが、データ量の膨大さや各工場のDBスキーマの違いなど技術的な課題が立ちはだかる。

その課題を解決したのがデータレイクの採用だった。データ量への対応において優れたコストパフォーマンスを発揮するだけでなく、Hadoopのスキーマの自由度が高いため、各工場の違いも吸収できる。この新環境によって、余実データや実販売データと併せて自社の真の生産性を把握するといった、今までになくレベルの高いデータ要求にも対応できるようになった。

こうしたビッグデータの他にも、IoTやAIのユースケースを見ることで、効果的なデータ活用のスタイルが浮き彫りになる。本資料で、ビッグデータの常識をあらためて確認するとともに、多数のユースケースから、IoTやAI、ビッグデータを使いこなすコツを学んでほしい。