HadoopTimes

実践 機械学習:レコメンデーションにおけるイノベーション
イベント

【東京開催】AIをビジネスで活用するための「使える」データ分析基盤のつくり方

一部の企業が実ビジネスでAIを導入・活用していますが、全体を見渡すと自社でAI・IoTなどで成果をあげている企業はまだまだ少ない状況です。
本セミナーでは、これまで研究段階にあったAIがどこまで皆様のビジネスへ適用可能となったのかを解説するとともに、AIやIoTの仕組みの中で重要となる大量データの取り扱いについて事例を交えながらポイントをお伝えし、有効となるデータ分析基盤についてご紹介します。

下記プログラムでマップアール・テクノロジーズ 三原 茂氏 が講演いたします。
ぜひご覧ください。

セッション概要

「IoT時代のAIを支えるデータ基盤とは?あらためて基礎から知る、その利用法や注目すべきポイント」

15:55 – 16:35
マップアール・テクノロジーズ株式会社
アライアンス & プロダクトマーケティング
三原 茂
ビッグデータからIoT、さらにAIへとデータ活用のキーワードが矢継ぎ早に飛び交う中、新しいテクノロジーも多く登場しています。ビジネスに活かしていくためにも、それらの各キーワードが持つ意味やその背景の理解が必要となります。当セッションでは、データ活用を企業力とするためにも、あらためて各キーワードの意味を整理、理解した上で、実際の活用イメージおよびデータ基盤選定のポイントをご説明します。活用イメージはライブでのデモも織り交ぜてご紹介します。

開催概要

主催 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
共催 SAPジャパン株式会社
マップアール・テクノロジーズ株式会社
日時 2018年1月26日 (金) 13:30 – 16:35
場所 新丸ビル コンファレンススクエア Room901
東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング9F(※丸の内ビルディングとのお間違いにご注意ください)
参加費 無料(事前登録制)
定員 150名 (申込多数の場合は、抽選とさせていただきます。)
対象者
  • ビジネスでのマシンラーニング活用事例を知りたい方
  • 既存ビッグデータの活用に苦慮しており、新たな基盤のアーキテクチャーを模索している方
  • IoTやAIに対する事業部門のニーズに応えるために、システム化をご検討中の方
備考
  • プログラム内容や順序については変更になる場合がございます。
  • お申込み多数の場合は、ご参加をお断りさせていただく場合がございます。また、主催社の同業他社にお勤めの方のお申し込みはお断りさせていただきます。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。
  • 会場では記録のため写真・動画の撮影を行う場合があります。もし差し支える場合は、その旨スタッフまでお申し付けください。

お申し込み者多数のため、本セミナーはクローズとさせていただきます。