HadoopTimes

実践 機械学習:レコメンデーションにおけるイノベーション
イベント

データウェアハウス最適化ノウハウ

日時 :6月19日(木)14:00-17:15(受付開始 13:30)
場所 :※会場が変更になりました※
TKPスター貸会議室 表参道 7F(カンファレンスルーム7A)
(東京都港区北青山3-6-18 共同ビル青山)
■定 員 :25名(事前登録制)

14:00~14:10 イントロダクション
企業が活用するデータ保存は従来のデータウェアハウスでも実現可能ですが、ビッグデータ活用となるとスケールアウトが容易なHadoop環境における活用が必要となります。はじめに本セミナーの概略をご説明します。
14:10~14:50tal ビッグデータ統合ツールの決定版!Hadoop活用のために
オープンソースベースのTalendのデータ統合ツールである「Talend Studio」は累計2000万ダウンロードを超えた標準技術で開発された誰でも使える容易なGUIベースの開発ツールです。Talend Studioを使って、データウェアハウスとHadoopの最適運用を可能にします。
14:50~15:30map DWHとHadoopの融合:分析基盤の最適化
ビッグデータの時代になり、増え続けるデータをどう蓄積し、どう分析するかが大きな課題でもあり次代のビジネスの成功を左右します。限られた予算の中でコスト効率良くあらゆるデータに手が届く方法をご紹介し、解説します。
15:40~16:20nau 分散処理パワーで企業内システムのボトルネックを解消し競争力を高めよう!
Hadoopはスパコンと同様の仕組みです。その仕組みを業務システムに適用し、システムのボトルネックを解消し、今までITの制約で諦めていた事を実現しませんか。Internet of Thingsの時代、いかに大量のデータを企業経営に資する情報へと迅速に変化させられるかどうかが企業競争力の鍵となります。
16:20~17:00hp-ver スモールスタートでとにかくビッグデータ分析を始めてみよう!
ビッグデータ分析は課題と思っているけど、効果がみえないからなかなか始められないといった方が多くいらっしゃいます。HP Verticaを使えば、スモールスタートで手軽にビッグデータ分析に着手する事が出来ます。HP Verticaの導入事例を交えて、ビッグデータ分析のアプローチについてご紹介します。


お申込みはこちらから