HadoopTimes

ストリーミングアーキテクチャ Apache Kafka とMapR Streams による新しい設計手法
製品情報

MapR Sandboxで体験する、魅力的なHadoop ETL

お客様は、デモリクエストによるproof of Concept (POC) で、どの様にHadoopが実行出来るのか知りたがっています。
最近よくあるお客様からのデモの依頼として、どの様に効率的にHadoopが実装できるかProof Of Concept(POC)で見たいといったものがあります。

フィールドエンジニアの一人が、運輸業のお客様より『実際に数十年に及び時代遅れで高価となったメインフレームの地理空間情報を、どの様にMapRでオフロードできるか』というお問い合わせを頂き、私に相談してきました。

私は直ぐにSyncsortの試使用サイトの情報を彼に教えました。そのサイトではsandbox環境で簡単に機能性を確認できるVMパッケージを取得でき、あわせて30日間Syncsortのデータ統合ソフトウェアであるDMX-hのすべてを試使用することができます。

これにより彼は何百テラバイトもの地理空間情報のオフロードが必要となるPOCを完了させることができました。

従来のレガシープラットフォームからのデータ移行は、お客様にとって単なるコストの削減だけでなく、DrillやSparkといった最先端のHadoopプロジェクトを使用した分析の新しい領域を切り開きます。試使用環境はコスト・時間・リソースをかけず、分析の新しい領域つまりHadoopを用いた場合にどのような効果を得る事ができるかを調査するために、最適な方法となります。

実際に興味を持って頂けたお客様には、Syncsort社が提供するETL製品”DMX-h”とHadoop環境を含むエンタープライズ向け”MapRディストリビューション”が組み合わされ、無料でダウンロード可能な試使用環境の御案内しています。試使用環境では事前にHadoop環境を用意することなく、ETLの機能を確認する為に必要となる全てが含まれています。

試使用環境では、Linux仮想環境上にMapRとDMX-hがプリインストールされ、サンプルデータとDMX-hを用いた開発を学ぶことのできる利用手順書が同梱され、各企業で必要となるPOCが円滑に行えるようになっています。

これにより各企業は『従来のプラットフォームに存在するミッションクリティカルな業務を、最新でより費用対効果が高い、エンタープライズ向けHadoop基盤へオフロードする』というMapRとSyncsortが組むことによる価値を簡単に体験することができます。

またHadoopに関してだけでなく、お客様よりデータ統合の課題解決で良い方法が無いか、ご相談頂いた場合にも我々は最良の手段を提供します。なぜなら、どういった業種の企業でも、従来のオフロードの時間を高効率化することが重要となるためです。

その他、SyncsortとMapRはそれぞれ最高の投資管理会社のものとで協業を行い、様々な企業のITアーキテクチャ近代化や、高価な従来のプラットフォームからの脱却を手助けしています。

具体的には、技術的な点でMapR上でGUIベースのETL開発が行える事を実証するため、AmazonEC2上にMapRを構築し、各々のクラスタにSyncsort製品を配置しています。

MapRの価値を見出しているお客様の顕著な例に、Experian社とComscore社があります。
私達は他の企業が抱えているETLの課題をSyncsortとMapRを使用してどの様に解決方法を見出していくかその可能性を考えると胸がわくわくします。

Syncsort DMX-h Sandbox【MapR版】(トライアルキット)

Syncsort DMX-h Sandbox【MapR版】(トライアルキット)
Syncsort DMX-h をご検討いただくにあたり、手軽にお試しいただける「Sandbox【MapR版】(トライアルキット)」を無料でご用意しております。

このSandboxは、MapR とSyncsort DMX-h がセットアップ済みの VMイメージ と、チュートリアル をセットにしたアシストのオリジナルコンテンツです。

Syncsort DMX-h の開発生産性と処理性能の高さを是非お試しください!

無料ダウンロードはこちら