HadoopTimes

ストリーミングアーキテクチャ Apache Kafka とMapR Streams による新しい設計手法
技術情報

MapRとSplunk Hunkを利用したソーシャルメディア分析

手元に高性能なHadoopクラスタがある場合、それらを使用して極めてインパクトのある作業を数多く行なうことができます。ソーシャルメディア分析のためのプラットフォームであるMapRディストリビューションによって、数多くの様々なソースから流入するデータの一元化されたデータレポジトリを持っているだけでなく、Splunk Hunkのような先進的な分析プラットフォームのための基礎として利用することも容易になります。
MapRでソリューション設計者を務めるチャド・スマイケイ氏が行なった最新のデモでは、Hunkのインデックス作成におけるMapRクラスタとの統合の活用例や、HadoopOps Splunkアプリケーションでクラスタのパフォーマンスを監視、管理する方法について知ることができます。

このデモで強調された便利な機能の1つは、MapRクラスタの‘ls’や‘tail’のような標準ファイルシステムコマンドが使用できることです。これにより、カスタム設計やデバッグに費やされる多くの時間を節約することができます。ファイルを直接操作したり、標準ファイルシステムのセマンティクスを期待するスクリプトがある場合、それらは「とにかく動作する」のです。
MapRディストリビューションとSplunk Hunkを共に利用することで、数多くの様々な分析のユースケースにおいて、高性能で統合されたソリューションを提供します。

こちらの記事もおすすめです