HadoopTimes

実践 機械学習:レコメンデーションにおけるイノベーション
最新動向

スマートフォンからHadoopへ

あなたがスマートフォンを購入した際、どんな要因を考慮して購入しましたか? おそらく最初に機器自体を評価し、どれだけ高性能にカメラがあなたの子供の特別な瞬間を捉えることができるか、または、ローリング・ストーンズの全コレクションを劣化の無いフォーマットで保管できるだけの容量があるかなどを考慮したことでしょう。そしておそらく、House of Cardsのやり過ぎの原因になるNetflixのアプリや、月末の諸支払いをするための銀行のアプリなどのあなたが既に使用しているアプリがサポートされているかどうかを考慮するでしょう。そして最終的には、機能とあなたが必要とするアプリとの互換性がある電話を選ぶでしょう。

私の経験上、組織がHadoopを評価する際には、同じような結論に達します。まず、かれらは経営決断を早めるための性能と貴重なデータを安全に保つための障害復旧機能と高可用性を考慮するでしょう。そして、この新しい技術が、従業員が既に使い慣れているツールやアプリケーションに適応するかを確かめることでしょう。 「私の開発者は開発中のアプリケーションを使い慣れたRのようなプログラミング言語で書き続けることが可能か?」 「私の経営分析者がこTableauのダッシュボードを使って鞭打つように叩き続けることができるか?」 「Skytreeのような分析用アプリケーションとHP Verticaのようなデータベースとの間でのデータの共有が可能か?」 これは、往々にしてかなりの時間がかかります。

今までは、配布されるHadoopのアプリケーション・エコシステムを識別することは容易ではありませんでした。もちろん誰もがパートナーシップを羅列しています。 販売会社の中には、パートナーとして100社以上のロゴを提示しているものもありますが、解決策を投じたいと願っている顧客にとってそれが何の役に立つのでしょうか? 本当にあなたが知りたいと思う情報は、販売会社が持っているパートナーのことではなく、特定のアプリケーションがそのプラットホームに適応されているか、どのバージョンがテスト済みで、インテグレーションが実際にどのように行われるか、などといった情報です。顧客にこのレベルの可視性を与えることのできる、Hadoop初の App Gallery をご紹介します。

App Galleryでは、MapRであなたが実際に使うアプリケーションをインプリメント用の詳細とともにご覧いただけます。 一般的な解説とスクリーンショットも含まれていますが、MapRとどのバージョンのアプリケーションが対応しているかなどもご確認頂けます。セットアップ方法の解説やトラブルシューティングの手引きなどが掲載されています。 分析およびデータ統合のアプリから開発者のアプリにいたるまで、また、フレームワークから管理運営とセキュリティアプリにいたるものまで、私達の最も近いパートナー内の28社より発売します。
開発者であり、アプリケーションをお持ちの方は、是非、新規アプリケーションとしてApp Galleryに掲載されるよう申請をお願いします。 一途に優れた技術を共に開発するのを目的としています。一緒に巨大なデータ・アプリケーション・エコシステムを育てましょう。