HadoopTimes

ストリーミングアーキテクチャ Apache Kafka とMapR Streams による新しい設計手法
イベント

SAP HANA 最新ビジネス活用事例紹介セミナー

急速にマーケットに浸透つつあるSAP HANA。その広がりはSAP S/4 HANAだけに限らず、SAP HANAプラットフォームを活用してビッグデータ、IoTなどのデジタルトランスフォーメーションの実現に利用されています。こうしたSAP HANAの最新活用事例を、そのメリットと共にご紹介いたします。

【開催概要】
【日程】 12/13(火) [大阪] 、12/15(木) [東京]
【会場】 2016/12/13(火) SAPジャパン株式会社 大阪支社セミナールーム
2016/12/15(木) 新丸ビルカンファレンススクエア 会議室 901
【主催】 レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社
【共催】 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、マップアール・テクノロジーズ株式会社、SAPジャパン株式会社
【開場時間】 13:30
【開催時間】 14:00~17:20
【定員】 東京(80名)、大阪(40名)
【対象】 ユーザー企業様、パートナー企業様
【セッション】
14:00~14:50 SAP HANA Innovation Award 2016を獲得したレノボの最新サプライチェーンシステムとそれを支えるインフラ・テクノロジーのご紹介

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社
エンタープライズビジネスグループ
ソリューション・テクニカルセールス
桑原 央

2016年5月にオーランドで開催された “SAP SAPPHIRE NOW 2016″。Lenovoはそこで開催されたSAP HANA Innovation Award 2016において、SAP HANAをプラットフォームとしたサプライチェーンシステムを刷新するプロジェクトで優勝しました。アジア最大のSAP HANAユーザでもあるLenovoが構築した最新のサプライチェーンシステムについて、その改善点を含めてご紹介いたします。また、そのシステムで活用されているLenovoが誇るデジタルトランスフォーメーション・プラットフォームとしてのSAP HANAアプライアンスも併せてご紹介いたします。

14:50~15:30 ビッグデータとビジネスデータをつなぐSAP HANA Voraを活用したあたらしいビジネスの創造

SAPジャパン株式会社
プラットフォーム事業本部
エバンジェリスト SAP HANAプラットフォーム
松舘 学

Hadoopに代表されるビッグデータだけではなく、ERPに蓄積された基幹系ビジネスデータを組み合わせて、あらたな観点で分析し洞察を得ている先進的な企業が存在します。それを可能にしたSAP HANA Voraの製品概要と、SAP HANA Voraが可能にする新しいビジネス分析の可能性についてご紹介します。

15:30-15:50 休憩
15:50~16:30 SAP HANAを支えるミッションクリティカルデータ基盤MapR

マップアール・テクノロジーズ株式会社
プロダクトマーケティング
ディレクター
三原 茂

ビッグデータ/IoT時代のスケールアウト型DWHのSAP HANAとSAP HANA Voraには高機能、高パフォーマンスのスケールアウト型ストレージ兼Hadoopが必要です。他のHadoopとは異なり、MapRはその要求を高度に満たします。当セッションではそのMapRの全貌をご紹介します。

16:30~17:20 SAP HANAとSAP HANA Voraで実現するコストコンシャスなビッグデータ分析基盤

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
ITインフラ技術推進第2部
エキスパート エンジニア
後藤 真人

大量のデータを蓄積し高度な分析処理を実現するための基盤としてスケールアウト型のDWHが長年活用されてきました。
昨今注目されているHadoopとインメモリー型データベースを組み合わせることで、大量データを高速かつ安価に分析することが実現可能になってきています。
本セッションではその実現方法についてご紹介します。

※記載された社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

お申し込みサイトURL

大坂: 2016/12/13(火) SAP社西日本支社

https://omniattend.com/seminar/lenovo/saphana-osaka

東京: 2016/12/15(木) 新丸ビルカンファレンススクエア 会議室 901

https://omniattend.com/seminar/lenovo/saphana-tokyo