HadoopTimes

ストリーミングアーキテクチャ Apache Kafka とMapR Streams による新しい設計手法
ニュース

マップアール・テクノロジーズ、コンバージド・データ・プラットフォームの新バージョン「MapR 6.0」をリリース

各機能やクラウド対応およびセキュリティを強化した上で、直感的なユーザツールも追加、
データファブリックによるどこのデータにもどこからでもリアルタイムにデータ活用を可能とする唯一のデータ基盤に

分析プロセスとオペレーショナルなプロセスをリアルタイムで統合する「コンバージド・データ・プラットフォーム」を提供するマップアール・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区、以下  マップアール・テクノロジーズ)は、本日、ベースとなる各コンポーネントの機能およびセキュリティを強化し、データサイエンティストなどのユーザが直感的にデータを活用するためのツール「MapR Data Science Refinery」を搭載した新バージョン「MapR 6.0」を発表しました。

今回の新バージョンにより、ユーザは個人でもチームでも容易にデータ活用に必要となるツール群を利用できるようになり、よりデータ活用が迅速かつ便利になります。クラウドであろうがオンプレミスであろうが、世界中に散在するどのデータであってもMapR上にさえあればデータ活用が直ちに行えるようになります。開発者は、より高度な開発を機械学習/AI、SQLクエリ、リアルタイムデータ統合やマイクロサービスなどニーズに合った手段で可能になります。管理者は、MapRの管理ツールからMapRクラスタのその瞬間の状態も履歴も一元的に参照、設定ができ、効率的な運用管理ができるようになります。MapRは、継続してデータ管理領域における包括的かつ、革新的な機能を提供し続けます。

【MapR 6.0概要】

MapR 6.0の主な機能強化は以下の通りです。

MapR-DBを機能強化

  • セカンダリインデックスにより、主キー以外でも超高速なデータアクセスが可能となり、より柔軟なアプリケーション設計が可能に
  • CDC(Change Data Capture)によりテーブルの変更データを検知、通知が可能となり、アプリケーションとのよりリアルタイムな連携が可能に
  • Apache OJAI2.0の機能拡張により、JSONフォーマットでフィルタ条件を表記可能に
  • MapR-DB JSONテーブルのHiveテーブルへのマッピングが可能となり、SparkやHiveからデータ探索が可能に

MapR Control Systemを機能強化

  • MapR Streams、MapR-DB JSONの管理が追加され、より包括的な運用管理が可能に
  • 従来MapR Monitoringの機能だったメトリクスダッシュボードの一部が統合され、現在の状態だけではなく履歴も一元的に得ることができ、運用性を向上

MapR-FSを機能強化

  • マルチMFSによるパフォーマンス向上
  • 最少レプリカ数の保証によるデータ保護
  • マルチテナント環境における監査設定と通信の暗号化設定管理の簡素化
  • クライアントネットワークの分離により、パブリッククラウドの外部からのアクセスなどネットワーク構成が柔軟に
  • POSIXクライアントのマルチテナント化により、よりセキュアなクラウドでの利用を可能に
  • AWS S3へのファイル移行機能により、一定期間変更のないファイルをアーカイブし、ストレージコストの削減が可能に
  • OpenStackプラグインにより、OpenStackのストレージとしての利用が可能に

MapR Data Science Refineryを搭載

  • MapR Data Science Refineryとは、MapRクライアントとデータ分析ツールキット(ETL/機械学習/レポーティング)がパッケージされ、Dockerコンテナで提供されるユーザツールです。データ利用者はこの環境をオンプレミス、クラウドに関係なくデプロイすることにより、データ準備、データ探索、可視化、機械学習モデル構築、レポートといった一連の作業をインタラクティブに実行可能となります。
  • 主な構成機能:
    • Apache Zeppelin
    • MapR Ecosystem(Spark 2.1, Hive 2.1, Drill 1.11, Pig16)

MapR Expansion Pack 4.0をサポート

  • MapR 6.0は各種エコシステムをパッケージしたMEP(MapR Expansion Pack)4.0をサポートしています。0では、SparkやDrillの最新バージョンがサポートされています。MEP4.0に含まれるコンポーネントの一覧は以下のURLをご参照ください。
    https://maprdocs.mapr.com/home/EcosystemRN/MEP4.0.0.html
  • Drill 1.11の新機能:
    • MapR-DBセカンダリインデックス対応
    • 大規模データの処理効率化
    • WEB-UIの強化
    • Wardenによるメモリ管理(1.10)

販売開始日

各種機能を搭載した最新バージョンMapR 6.0は、MapRの各再販パートナーより即日販売開始されます。

マップアール・テクノロジーズについて

MapR(本社:カリフォルニア州サンノゼ)は業界唯一のコンバージド・データ・プラットフォームを提供しています。リアルタイムな分析インサイトをオペレーショナルなアプリケーションに適用させ、ビッグデータを最大限に活用することで、お客様のビジネスに貢献します。企業はMapRの統合データ管理プラットフォームで、デジタル変革を加速させ競争力強化を実現できます。 Amazon、Cisco、Google、Microsoft、SAPやその他のトップ企業がMapRのグローバルなパートナーエコシステムに参加しています。詳細はこちらをご覧ください。

http://www.mapr.com/
https://community.mapr.jp/
ホームページ:http://www.mapr.com/
Facebook:https://www.facebook.com/maprjapan
Twitter:https://twitter.com/mapr_japan

お客様からのお問い合せ先

マップアール・テクノロジーズ株式会社 営業部
Tel: 03-6386-0920  E-mail: sales-jp@mapr.com

報道関係者からのお問い合せ先

マップアール・テクノロジーズ株式会社 広報代行 担当:大橋
Tel: 03-6278-7566  Email: maprpr@leadplus.co.jp

 

ビッグデータ/IoT時代のデータ分析プラットフォームまるわかりガイド

ビッグデータ/IoT時代のデータ分析プラットフォームまるわかりガイド
MapRコンバージド・データ・プラットフォームは、ビッグデータのための包括的な統合プラットフォーム機能を提供します。

リアルタイム処理が可能なデータベースに加えて、イベントストリーミング、拡張性の高いストレージ機能により、企業は、バッチ処理用、リアルタイム用といったシステムを組み合わせることなく、たった一つのMapRでデータ活用が可能となります。

このガイドでは、

・なぜ新しいビッグデータ基盤が必要なのか?
・多くの企業が抱えるデータ基盤の課題
・MapRコンバージド・データ・プラットフォームとは?
・MapRでビッグデータ基盤はどう変わるのか
・MapRを採用したお客様の声

を中心にご紹介しています。この機会にぜひご覧ください。

無料ダウンロードはこちら