HadoopTimes

ストリーミングアーキテクチャ Apache Kafka とMapR Streams による新しい設計手法
ニュース

MapR社が「ストリーミング データ ソリューション最高賞」を受賞

ニュース

MapR社が米国DBTA誌の2016年度『リーダーズ アワード』において
「ストリーミング データ ソリューション最高賞」を受賞

米国カリフォルニア州サンノゼ発) -業界初で唯一のコンバージド・データ・プラットフォームを提供するMapR Technologiesは、本日、DBTA誌の「データベーストレンドと読者が選ぶアプリケーション賞」の読者投票の結果、MapR Streamsが 「ストリーミング データ ソリューション最高賞」を受賞したことを発表いたします。

MapRの最高マーケティング責任者であるデビッド・クロスは今回の受賞に関して次のように述べています。
「MapR StreamsがDBTA読者によって、市場で最高のストリーミングソリューションとして評価されたことを光栄に思います。MapR Streamsの高い拡張性と性能は、データ分析を加速し、企業業績に好影響を与える革新的なアプリケーションの構築を可能にします。加えて、MapRは従来型のテクノロジでのトレードオフを、構造的な複雑性の低減、TCOを削減、そして複数のデータソース間のデータフローを簡略化することでなくしています」

MapR Streamsは、グローバルでパブリッシュおよびサブスクライブできるIoTスケールのイベントストリーミングです。MapR StreamsはMapRコンバージド・データ・プラットフォームの中核コンポーネットの一部であり、オペレーションの俊敏性を上げ競合優位性を牽引する次世代アプリケーションをサポートします。同じクラスタ内でデータ転送、処理、分析が可能で、非常に高いスケーラビリティと共にMapR Streamsは統一されたセキュリティ、データの完全性、高い可用性、マルチテナント能力を、リアルタイムなストリーミングアプリケーションに展開します。その結果、ハードウェアコストやデータ移動・遅延が低減されるとともに、データ活用能力も高まります。
「データベーストレンドとアプリケーション(DBTA)」誌は、データとインフォメーションマネージメント、ビッグデータ、データサイエンスについての雑誌です。DBTA読者による賞は、データ&アプリケーションマガジンとDBTA.comの約30,000人の読者によって毎年選ばれています。

マップアール・テクノロジーズについて

MapRは、トップランクのHadoopおよびSparkをグローバルイベントストリーム、リアルタイムデータベース、エンタープライズストレージに統合した業界唯一のコンバージド・データ・プラットフォームを提供し、顧客がデータの持つ巨大なパワーを活用できるように支援しています。ミリ秒単位の応答が求められる不正検知、安全で高可用性が求められるヘルスケアにおけるデータ主導の洞察、侵入検知のためのペタバイト規模の分析、カスタマーエクスペリエンス向上のための業務処理と分析処理の統合など、厳しい要件を伴う製品ニーズを持つ企業がMapRを利用しています。ほとんどの顧客は12ヶ月以内に投資の回収を達成し、5倍以上のROIを実現しています。MapRは、ワールドクラスのプロフェッショナルサービスと、4万5千人の開発者、データアナリスト、システム管理者がビッグデータスキルの習得に利用した無料オンデマンドトレーニングを通して、顧客の成功を確実なものにします。また、アマゾン、シスコ、グーグル、HP、マイクロソフト、SAP、テラデータは、MapRの強力なエコシステムパートナーです。投資家には、Google Capital, Lightspeed Venture Partners, Mayfield Fund, NEA, Qualcomm Ventures and Redpoint Venturesが名を連ねています。MapRは米国カリフォルニア州に本社を置き、東京都千代田区に日本法人を構えています。

ホームページ:http://mapr.com/jp
Facebook  :https://www.facebook.com/maprjapan
Twitter  :https://twitter.com/mapr_japan
Hadoop総合情報サイト:http://community.mapr.jp/

お客様からのお問い合せ先

マップアール・テクノロジーズ株式会社 営業部
Tel: 03-6386-0920  Email: sales-jp@mapr.com

「いまさら聞けない」データ分析の総ざらい

「いまさら聞けない」データ分析の総ざらい
昨今、「データ分析」の重要性が強く叫ばれています。ただ、それはアナリストやデータ・サイエンティストと呼ばれる“専門家だけが担うことができる難解なもの”という誤解を持たれてはいないでしょうか。

データ分析という手法は、IT のパワーを活用することで、どんな企業も導入・実践することができる“現実解”なのです。

データ分析とはいかなるものなのか――。

この資料では、これからデータ分析を始める方や始めたが、もう一度初歩知識を復習したい方々向けにデータ分析の基本を解説します。

無料ダウンロードはこちら