HadoopTimes

ストリーミングアーキテクチャ Apache Kafka とMapR Streams による新しい設計手法
ニュース

サイバーエージェント、ビッグデータ分析基盤としてMapRの「MapR M7」を採用し、10PBのデータ分析基盤を構築

ニュース

マップアール・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区、以下MapR)は、株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田 晋、以下サイバーエージェント))のアドテクスタジオのビッグデータ分析基盤として、Apache HadoopのHDFSと互換性のある「MapR-FS」や、Apache HBaseと100%API互換のある「MapR-DB」を統合したMapRのビッグデータ・プラットフォーム「MapR M7」が採用されたことを発表します。なお、本採用は新日鉄住金ソリューションズ株式会社が契約のとりまとめを担当しています。

大規模なデータを瞬時に分析するアドテクノロジーのデータ分析基盤において、大容量のデータ保存や、大規模データの高速処理が重要となっております。このたびサイバーエージェントのアドテクスタジオでは、アドテクノロジー事業の強化を目的として、従来のHadoopだけでは満たせないリアルタイムの要件を解決するテクノロジーとして、HadoopとSparkおよびNoSQL「MapR-DB」の統合基盤であるMapRのビッグデータ・プラットフォームを採用しました。これにより、事業に必要なあらゆるデータを蓄積するデータレイク機能と、リアルタイム性を持った分析が可能となり、アドテクノロジー事業のデータ分析基盤を強化します。

採用の決め手となったMapRプラットフォームの主なポイントは以下の通りです。

  • 各々を別システムとして持つ必要が無いため、データの移動も不要で運用性が高い。
  • 業界スタンダードのNFSインターフェースやHBaseアプリケーション・インターフェースを備えるため、使い易く、かつベンダーロックインされない。
  • NFSインターフェースを持ち、ランダムリード・ライト可能なMapRファイルシステムにより、データの出し入れが容易となりNASとしても活用可能。
  • MapRファイルシステムの優れたパフォーマンスによりハードウェアリソースが最小限で済み、コスト効果が高い。

■サイバーエージェントについて https://www.cyberagent.co.jp/
サイバーエージェントは、1998年に設立し、インターネット総合サービス企業として成長。「21世紀を代表する会社を創る」をビジョンとし、数多くのスマートフォンサービスを提供するとともに、国内トップのインターネット広告代理店。
アドテクスタジオは、サイバーエージェントグループのアドテクノロジー分野における各サービ
スの開発を行うエンジニアの横断組織です。2013年10月1日に設立し、現在では7つの子会社を包括し、計215名のエンジニアによって、RTB広告やDSP、DMPなど20以上のサービスを提供しています。

■マップアール・テクノロジーズについて
MapRは、トップランクのHadoopおよびSparkをグローバルイベントストリーム、リアルタイムデータベース、エンタープライズストレージに統合した業界唯一のコンバージド・データ・プラットフォームを提供し、顧客がデータの持つ巨大なパワーを活用できるように支援しています。ミリ秒単位の応答が求められる不正検知、安全で高可用性が求められるヘルスケアにおけるデータ主導の洞察、侵入検知のためのペタバイト規模の分析、カスタマーエクスペリエンス向上のための業務処理と分析処理の統合など、厳しい要件を伴う製品ニーズを持つ企業がMapRを利用しています。ほとんどの顧客は12ヶ月以内に投資の回収を達成し、5倍以上のROIを実現しています。MapRは、ワールドクラスのプロフェッショナルサービスと、4万5千人の開発者、データアナリスト、システム管理者がビッグデータスキルの習得に利用した無料オンデマンドトレーニングを通して、顧客の成功を確実なものにします。また、アマゾン、シスコ、グーグル、HP、マイクロソフト、SAP、テラデータは、MapRの強力なエコシステムパートナーです。投資家には、Google Capital, Lightspeed Venture Partners, Mayfield Fund, NEA, Qualcomm Ventures and Redpoint Venturesが名を連ねています。MapRは米国カリフォルニア州に本社を置き、東京都千代田区に日本法人を構えています。

ホームページ: http://mapr.com/jp
Facebook  : https://www.facebook.com/maprjapan
Twitter  : https://twitter.com/mapr_japan
Hadoop総合情報サイト:http://community.mapr.jp/

■お客様からのお問い合せ先
マップアール・テクノロジーズ株式会社 営業部
Tel: 03-6386-0920  Email: sales-jp@mapr.com

■報道関係者からのお問い合せ先
マップアール・テクノロジーズ 広報事務局 リードプラス株式会社 担当:大橋
Tel: 03-6278-7566  Email: maprpr@leadplus.co.jp

導入事例:株式会社ぐるなび

導入事例:株式会社ぐるなび
飲食店の検索をはじめとして、「食」にこだわるビジネスを展開している株式会社ぐるなびは、2010年からApache Hadoopを導入し、ビッグデータの分析に取り組んできました。しかし、オープンソースの運用に関する課題を抱え、より安定的かつ高性能なビッグデータ解析を実現するために、MapRを採用しました。

こちらの資料では、同社の課題である、

  • Apache Hadoopの障害による停止

  • オープンソースを運用する負担の増大

  • ビッグデータの処理速度の問題


を、MapRを導入することでどのように解決したのかをお話いただきました。

無料ダウンロードはこちら