HadoopTimes

実践 機械学習:レコメンデーションにおけるイノベーション
ニュース

ESG Labsによるクラウド上での検証において、MapRが CassandraやHbaseに比べ10倍以上の高いパフォーマンスを達成

~ NoSQL DBの分析パフォーマンス、拡張性、コンシステンシーを評価検証 ~

※本リリースは、MapR Technologies , Inc.(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、

以下MapR)が2017年8月24日に発表したプレスリリースの抄訳です。

分析とオペレーショナルな両プロセスをリアルタイムで統合する「コンバージド・データ・プラットフォーム」を提供するMapR Technologiesは、Enterprise Strategy Group(ESG)が、クラウド上で動作するMapR-DBのパフォーマンスと拡張性を検証し、結果を2つのオープンソースNoSQL データベースと比較し、「ESGテクニカルレビュー(Technical Review)」として公開したことを発表いたします。

ESGによる検証では、MapR-DB、Apache Cassandra、Apache HBaseのパフォーマンスを同一環境で比較しました。また、この検証は、それぞれ共通のハードウェア構成で、同一のコンシステンシーレベルでの公平な条件で比較検証が行われています。

この3つの環境を5つのワークロードでテストした結果は以下の通りです。

  • いくつかのワークロードで、MapR-DBは、CassandraとHBaseの10倍以上のパフォーマンスで動作
  • MapR-DBの1秒あたりの処理パフォーマンスは、平均でCassandraの5倍、 HBaseの5.5倍
  • 1つのワークロードでのレイテンシーは、MapR-DBが最も低くかつ安定していた
  • Cassandraはレイテンシーが高く、HBaseは一貫した低レイテンシーを出すことやレイテンシーが安定することがなかった

ESGのシニアバリデーションアナリストMike Leone氏は次のように述べています。

「需要が増加するオペレーショナル分析のパフォーマンス要件を満たすためにNoSQL データベースを活用する際、企業が求めているのはスピードだけでなく一貫性も含まれます。これにより、リアルタイムのレスポンスを継続的に求めるビジネスニーズを満たすことが可能になります。ESGでは、AWSクラウド環境下でMapRとHBase、Cassandraを比較検証した結果、MapR-DBがより高速で一貫性のあるパフォーマンスを提供することを実証しました。」

ESGによる実証試験では、Yahoo Cloud Serving Benchmark(YCSB)バージョン0.12が活用されました。YCSBは、KVS(キーバリューストア)やクラウドをベースとして提供されるデータストアのパフォーマンスを評価するための業界標準のオープンソースフレームワークです。実証実験は、最近リリースされたEnhanced Networking Adapter(ENA)を活用し、Amazon EC2の環境下で実施されました。特筆すべきは、MapR-DBが追加的にクラウドリソースを活用でき、アプリケーションにより高いパフォーマンスを発揮することです。

「MapRコンバージド・データ・プラットフォーム」の一部として、MapR-DBは進化を遂げたエンタープライズ向けNoSQL データベースとなっており、ビッグデータ分析に高いパフォーマンス、信頼性、拡張性を発揮します。複数のシステムを運用管理する複雑性やトラディショナルなRDBのようなコストを必要とせず、リアルタイムデータ分析において高い拡張性を提供します。企業はMapR-DBを活用することにより、JSONやオープンAPI機能のマルチモーダルサポートを備えた、レスポンスの高いビッグデータ分析プラットフォームを手にすることができます。

MapR Technologiesの製品マーケティング兼製品マネジメント担当副社長Anoop Dawarは次のように述べています。

「当社では、データ主導型アプリケーションのためにMapR-DBを提供しています。企業はMapRを利用することで、一貫性のある低レイテンシーが保証されるだけでなく、複雑性や既存RDBのようなコストを必要としません。企業が求める拡張性の高いリアルタイムデータ分析の基盤が構築できるのです。ESGによるこの検証結果は、MapR が最新のデータ主導型アプリケーションを提供することで、企業が直面する多くの課題に継続して対処できることを証明しています。」

マップアール・テクノロジーズについて

MapR(本社:カリフォルニア州サンノゼ)は業界唯一のコンバージド・データ・プラットフォームを提供しています。リアルタイムな分析インサイトをオペレーショナルなアプリケーションに適用させ、ビッグデータを最大限に活用することで、お客様のビジネスに貢献します。企業はMapRの統合データ管理プラットフォームで、デジタル変革を加速させ競争力強化を実現できます。 Amazon、Cisco、Google、Microsoft、SAPやその他のトップ企業がMapRのグローバルなパートナーエコシステムに参加しています。詳細はこちらをご覧ください。

ホームページ:http://www.mapr.com/

Facebook  :https://www.facebook.com/maprjapan

Twitter  :https://twitter.com/mapr_japan

Hadoop総合サイト:https://community.mapr.jp/

お客様からのお問い合せ先

マップアール・テクノロジーズ株式会社 営業部

Tel: 03-6386-0920  E-mail: sales-jp@mapr.com

報道関係者からのお問い合せ先

マップアール・テクノロジーズ株式会社 広報代行 担当:大橋

Tel: 03-6278-7566  Email: maprpr@leadplus.co.jp

ビッグデータ/IoT時代のデータ分析プラットフォームまるわかりガイド

ビッグデータ/IoT時代のデータ分析プラットフォームまるわかりガイド
MapRコンバージド・データ・プラットフォームは、ビッグデータのための包括的な統合プラットフォーム機能を提供します。

リアルタイム処理が可能なデータベースに加えて、イベントストリーミング、拡張性の高いストレージ機能により、企業は、バッチ処理用、リアルタイム用といったシステムを組み合わせることなく、たった一つのMapRでデータ活用が可能となります。

このガイドでは、

・なぜ新しいビッグデータ基盤が必要なのか?
・多くの企業が抱えるデータ基盤の課題
・MapRコンバージド・データ・プラットフォームとは?
・MapRでビッグデータ基盤はどう変わるのか
・MapRを採用したお客様の声

を中心にご紹介しています。この機会にぜひご覧ください。

無料ダウンロードはこちら