HadoopTimes

ストリーミングアーキテクチャ Apache Kafka とMapR Streams による新しい設計手法
技術情報

パーソナライゼーション — もはやハンバーガーだけに留まらない

何年も前(何でそんな昔の事を知っているかには触れないで!)ハンバーガーチェーンBurger Kingが以下のスローガンでブランディングを開始した。「Have it your way!(お好み通りに!)」正に天才的なマーケティングだった!ファストフード店舗で特別に個人の嗜好に合わせてテーラーメードされた何か、この場合はハンバーガーを注文できるというのは革命的な発想であり、競合他社と差別化した。

同様の事が起きたのは、インターネット時代における最初の大手オンラインストアAmazon.comが、顧客に対してそれぞれの個人的趣向に驚く程合致した本(およびその他の製品)を提案し始めた時だった。もちろん、Amazonは(Burger Kingが行ったように)直接顧客に聞くのではなく、データ・サイエンスを顧客データに適用するという科学的手順に訴えることで、顧客に付加価値サービスを提供した。

このようにして、Amazon は初の企業規模での個人化された推薦サービスを配置したのだ。これもまた天才的なマーケティングだった。Amazonがそのようなサービスの先駆けではなく、アルゴリズムを最初に開発した訳でもないことに触れるのは重要だ。

この創造的な発明の近代における具体化の例((「群集の叡智」の利用—即ち、協調フィルタリング))は、1992年のミネソタ大学で行われたGroupLens research project(グループレンズ・リサーチ・プロジェクト)に遡る事ができ、1997年に開始した映画鑑賞者向けのMovieLens(ムービーレンズ)リコメンダ・システムにおいて実行された。

CSCW(Computer Supported Cooperative Work)学会でのGroup Lensに関する発表を要約した1994年論文は4000回近く引用され、CSCW学会論文で至上最多引用数を誇る!2013年7月、GroupLensの著者(ポール・レズニック氏およびジョン・リードル氏)は、リードル氏の死のわずか6週間前、自らの1992年の発表を再演した