HadoopTimes

導入事例:電通アイソバー株式会社(旧:電通レイザーフィッシュ)

pdf-dentsu-razorfish-title電通アイソバー株式会社(旧:電通レイザーフィッシュ)では、新しいソリューションサービスの提供を開始しました。
それが「次世代コミュニケーションプラットフォーム(NGCP)」である。

NGCPのアナリティクス フレームワークには、MapRが提供するエンタープライズグレードのHadoopディストリビューション「MapR」を採用。ビッグデータを柔軟に分析するのに適したHadoopだが、OSSのHadoopでは拡張性、耐障害性、管理面において、やや課題がある。MapRは、そうしたHadoopの課題を補完する独自のテクノロジーが標準で組み込まれており、それが採用の決め手になった。