HadoopTimes

導入事例:株式会社マイクロアド

株式会社マイクロアドオンライン広告に新たなルールを創り、アドテク市場を切り開いてきた株式会社マイクロアドは、莫大なデータを用いて、ネットユーザの趣味・趣向に合った最適な広告の出し分けをする国内最大級の広告プラットフォーム技術により、ここ数年で急成長を遂げています。そして、同社は、「広告」「データ」に加え、「リアルとの連動」「グローバル」という軸で新しいサービスを展開するために、ビッグデータ分析基盤としてMapRを採用しました。

こちらの資料では、同社の課題である、「増え続けるデータによるコスト増とサイロ化されたデータによる運用効率の低下」に対しなぜMapRを採用しどのような成果が出たのかをお話いただきました。

ぜひご覧ください。