HadoopTimes

ストリーミングアーキテクチャ Apache Kafka とMapR Streams による新しい設計手法
製品情報

MapR Sandbox

MapR Sandboxは、仮想マシン上で動作し、MapR の全機能を利用できるHadoopクラスタです。開発者と管理者の方々に、Hadoopを手軽に試めすことが出来る環境を提供します。

主な特長

トレーニング

icon-sandbox-training開発者及びアナリストはHueインターフェース経由でSandboxの豊富なトレーニングモジュールにアクセスできます。ハンズオンで、データアップロードやデータベースのテーブル作成、検索の実行、スクリプト作成、ジョブの実行、ワークフローのデザインと実装などの開発作業の体験が可能です。これらの作業を通じてMapReduceやPig, Hive, HBaseなどのHadoopを構成する機能がどのように相互に作用するかを確認できます。

アプリケーションのテスト

icon-lab_0SandboxはMapRの全ての機能を提供しています。NFS等の業界標準インターフェースを使ってデータをHadoopに取り込み、小規模のテストアプリを作ったり、PoCを行うことが Sandbox 上で可能です。

運用のシミュレーション

icon-administration_0MapRSandboxを利用すれば、システム管理者の一連の業務を確認することができます。例えばHadoopの設定、監視、管理作業をMapR Control System web インターフェースを通じて行えます。また、MapRディストリビューションのボリュームベースの管理システムを利用した、スナップショットの作成、アラームやクオータの設定、ノードやジョブメトリクスによるクラスタの監視機能等を確認することができます。

MapR Sandboxのダウンロードはこちら

こちらの記事もおすすめです