HadoopTimes

実践 機械学習:レコメンデーションにおけるイノベーション
技術情報

Hadoopを使う理由

Hadoopは世界を変える

Apache™ Hadoop®は、業務と分析の両方に対応したビッグデータアプリケーションを実現可能にします。データがますます増加する現代において、Hadoopは業種を問わず競争力のある最も急成長している技術の1つであり、次世代のデータアーキテクチャの鍵となる要素として導入が加速しています。企業や団体は、大規模に拡張可能な分散ストレージと処理プラットフォームを備えたHadoopを用いることで、既存システムの制約を取り除き、新しいデータ中心のアプリケーションの構築が可能になります。MapRは、Apache Hadoopベースの真に業務利用可能なディストリビューションです。

主な利点

企業データの経済性を変える

icon1-changing-the-economics-of-your-data_0Hadoopの出現により、企業の情報システム部門は、データアーキテクチャを見直しています。以前はコストがかかり格納しきれなかったデータが、現在ではHadoopを活用することで1テラバイト当たり10分の1から50分の1程度のコストで分析可能になりました。これにより企業はより深い洞察力をオンデマンドで得ることで競争力を優位に保てます。またHadoopは、組織内のあらゆる場所からデータにアクセスと保存ができるため、各部門で個別にデータ処理(例えばデータ変換、クレンジング、分析、スコアリングなど)されることを防ぎ、企業データを統制することが可能になります。

より多くのデータを用い、より良く深い洞察を行う

icon2-more-data_3業種を問わずあらゆる企業は、構造化、非構造化、そして半構造化されたデータソースを1つのプラットフォームで扱うことが可能になります。これにより、顧客とのやり取りや日々のオペレーションに関して、より深く正確な分析が可能となります。例として挙げると、顧客との取引ややり取りに関する360度分析や複数のマーケティングチャネルに渡るブランド健全性の確認、リアルタイムな航空物流の最適化、リスク分析や不正行為発見アルゴリズムの改善、品質コントロールと組立ラインの生産性向上などがあります。これらの顧客体験分析に共通していることは、所定のモデルに適用するデータを拡大するに従い、飛躍的に分析の質が向上するということです。

ビジネスアプリケーションの世界が変わる

icon3_0Hadoopは、データ管理や分析アプリケーションに加えて応答時間やトランザクションの一貫性が高度に求められるエンタープライズ向けアプリケーションの領域でも利用されています。例えば多くのインターネットサービス企業では、製品検索や広告オークションエンジンなどでHadoopを活用しています。また大企業は、Hadoop上のNoSQLデータベース(In-Hadoopデータベース)と検索技術を活用して、顧客へのリアルタイムな製品提供、電力グリッドの最適化、セットトップボックスデータを使用したケーブルテレビ広告の最適化などを行っています。

Hadoopは業種を問わずビジネスを変革しています

icon4-transforming-businessあらゆる企業が、大規模データ処理能力を備えたHadoopを活用しています。Hadoopを用いることで、企業は顧客や業務に関する深い洞察を得ることが可能となり、真にデータを中心とした企業経営を実現することが出来るのです。

こちらの記事もおすすめです