HadoopTimes

実践 機械学習:レコメンデーションにおけるイノベーション
製品情報

M7 Enterprise Database Editionの機能

MapR M5 Enterprise Editionの全機能に加えて以下の機能を提供

統合オンラインデータベース

MapR Hadoopに統合されたオンラインデータベースは、スキーマレスの柔軟性と、高速なデータリード/ライト性能により、あらゆるデータを処理します。
一般的なHBase APIを活用することで、サードパーティーのNoSQLデータベースの統合コストを削減します。システムリソースは、データベースと他のHadoop処理との間で最適化され、MapR Hadoopファイルシステムの高可用性、および災害復旧機能の全てが、データベースのテーブルにも適用されるため、エンタープライズ・レベルの信頼性を確保できます。

データベースの運用管理が不要

一般的なNoSQLデータベースの運用は非常に労力を要します。M7の場合、すべてのデータベース機能は、M7 のアーキテクチャーに統合されています。そのためデータベースサーバーを新たに追加し、運用する必要はありません。また、M7データベースでは、リージョン分割やチューニングなどの主な処理は自動化されており、手動での運用業務を大幅に削減しています。

包括的なセキュリティ

ロールベースのアクセスコントロール(ACL)、Kerberosによるワイヤーレベルでの強固な認証やビルトインネイティブ認証への対応により、エンタープライズアプリケーションに必要な厳しいセキュリティ要件に対応します。

高スループットデータベース

高速ローディングに最適化されたM7のアーキテクチャーにより、入力データを大量・高速に処理することができます。また、データ量が増加しても、スケールアウトで高パフォーマンスを維持します。

一貫した低遅延データベース

M7データベースでは、コンパクションやデフラグメンテーションなどパフォーマンスに影響を与える要素が取り除かれています。これにより99%以上の処理で一貫した低遅延を実現しています。

圧倒的なデータベースの拡張性

M7データベースには、圧倒的な拡張性があります。数十億行、数百万列を持つ一兆テーブルのデータセット上でアプリケーションを構築することが可能です。