HadoopTimes

ストリーミングアーキテクチャ Apache Kafka とMapR Streams による新しい設計手法
製品情報

M3 Community Editionの機能

MapR Heatmap™により直観的なクラスタの状況を把握可能

MapRの独自の管理システムは、簡単にクラスタの状況を理解、操作するのに役立つ強力なツールを提供します。

HadoopをMapRのDirect Access NFS™によりNASのように活用

MapR Direct Access NFS™により、Hadoopをより簡単に低コストで利用可能となります。MapRのファイルシステムは他のディストリビューションと異なり、ファイルの変更、上書きができるため、あたかもNAS上で行うかのように、Hadoop上のどのファイルに対しても複数の同時の読み書きができます。

Direct Access NFS™によりリアルタイムなデータフローが実現

MapRはNFSを通じたHadoopへのアクセスを可能にすることにより、劇的にHadoopを簡単にします。あらゆるリモートクライアントは、簡単にクラスタをNFSでマウントができます。例えばアプリケーションサーバは、クラスタにログファイルや他のデータの書き込みが直接可能となります。

高拡張性と無制限のファイル作成

他のディストリビューションの問題点でもあったNameNodeを無くしたアーキテクチャにより、MapRはノードの数に比例してスケール可能で、実際に無制限のファイル数をサポートします。単純にノードを追加するだけで、サポートされるファイル数の増加に対応させることが可能です。

ボリュームを利用して簡単に各々のデータを管理

ボリュームは、関連ファイルやディレクトリを単一ツリー構造にグループ化します。これによりアクセスと管理が容易になるだけでなくセキュリティも確保されます。

複数ジョブでセキュアに同一Hadoopクラスタを共有

MapRは、複数のジョブ、ワークロード、ユーザに対して、安全に共有できるHadoop環境を提供します。MapR上ではアプリケーションが不用意にクラスタからリソースを奪うことはありません。