HadoopTimes

実践 機械学習:レコメンデーションにおけるイノベーション
導入検討

データが大きいかどうかを知る必要がある理由

データについての様々なうわさを聞きました。確実にビッグデータは私たちの周りに存在しています、と少なくともそのように言われています。実際、事業経営者として、ビッグデータの巨大な宇宙のどこに自分が位置しているかを見極めるのは難しいかもしれません。あなたのデータはどれくらい大きいですか?あなたはそれをどのように使っていますか?あなたはビッグデータ技術の恩恵に預かっていますか?率直に言って、あなたの事業がこのビッグデータ革命に一角をなしていると、どのようにして知ることができますか?その質問にお答えしてみましょう。

データが大きいかどうかを知る必要がある理由

最初に知る必要があることは、そもそもなぜ、それが大事なのかということです。ビッグデータのプラットフォームに移行することは、重大な戦略的、経済的動きなので、軽く考えることはできません。なぜ、あなたの事業がビッグデータに属するかどうかを知る必要があるのか、いくつかの理由をみてみましょう。

機会

ビジネス上でよくある嘘は、ビッグデータはテクノロジー業界にいる人にだけ必要なものだというものです。現実にビッグデータは、すべての分野に渡って影響を及ぼしてきています。医療、政府、小売、広告、そしてそれらの間に存在するすべてにおいて、ビッグデータは、有望な新しい役割を担っています。

もし、ビッグデータが自分に関係するのか確信が持てないならば、それが現在どのようにあなたの分野に影響しているのかを紹介する必要があります。なぜなら、気づいていようといまいと、それは影響しているからです。ビッグデータが現在、あなたの業界を最適化しているか、またはすると予想されているかを学ぶことは、あなたが知らないかもしれないビッグデータに関する機会を見出すのを助けうるのです。

競争的利点

あなたのビジネスにビッグデータを導入することで発見する可能性のある機会のうち、それが重大な競争的利点をもたらすと気づくかもしれません。実際、MITとペンシルバニア大学で行われた研究によると、179の上場企業のうち、データに基づく意思決定を行なっているところは、そうでないところより、5 ~6%生産的であることがわかっています。これは、逃したくない重大な競争的利点です。

効率性の向上

その研究で明らかになったように、ビッグデータとデータに基づく意思決定は、事業効率を向上させる最適な方法です。重要なビジネス上の決定を理論的証拠によって行なうよりも、経営者には、決定を確固たる量的データに基づく洞察に基づいて行なう権限があります。これは、当てずっぽうをなくし、高い生産性をより速く達成することができます。

ビッグデータのための雇用の時

2012年のGartner Symposium/ITxpoで、Gartnerのアナリストは2015年までに440万のビッグデータ関連の仕事が必要になると予測しました。悪いニュースはというと、彼らは、労働力はその需要に備わっておらず、14万人のデータサイエンティストが不足するとも見積もっていることです。さらに悪いことに、データに基づく洞察を行なうという複雑な仕事を理解できる管理職が150万人不足するとも予想されています。まとめると、これらの不足が市場を直撃する時に、ほかの人たちといっしょにデータに長けた人を求めて列を作る人にはなりたくないということです。今こそが、あなたのデータのニーズを理解し、それを充足できる人材を雇用する時です。

あなたのデータが「ビッグ」であることを示す5つの目安

さて、「なぜ」はカバーしたので、あなたのデータがあなたが思ったよりも「ビッグ」であることを示す5つの簡単な目安を見てみましょう。

  1. データに圧倒されている – あなたのデータが、とにかく扱えないくらいのスピードと量で来ているならば、ビッグデータ技術への潮時でしょう。これはセンサーや、手動入力装置、機械対機械の通信その他の複数のデータ源を使用しているなら、なおさらです。
  2. 山ほどのデータがあるが、どう使っていいかわからない – データは、それを使うテクノロジーがある時には、強力なツールと成り得ます。あなたが、データ技術をアップグレードする必要があるという一つの目安は、現在使っているものが手持ちのデータからデータに基づく洞察を形成するのに役立っていないかどうかです。大きなデータを持つすべてのビジネスは、適切なツールを使えば、偽りでない、価値あるデータに基づく洞察を形成できるはずなのです。データをどう使っていいかわからないというのは、「あなたは、適切なツールを使っていますか?」という疑問をはぐらかしています。
  3. リアルタイムのデータ分析を見ている – リアルタイムのデータ分析に乗り出す人は全員、Hadoopのようなビッグデータのツールを使うべきです。リアルタイム分析には、多くの重労働が必要で、あなたの入出力の必要性についていけるビッグデータのツールのみが効果的に行なうことができます。
  4. 毎年、毎年、追加のデータストレージに投資している – あなたのデータに追いつくために毎年、毎年、追加のストレージに投資しなければならないとすると、必要以上の支出をしている可能性があります。今日のビッグデータ技術は、従来のデータストレージよりもずっと安価です。平均して、Hadoop(ビッグデータ技術のトップ)は、テラバイト当たり千ドル未満です。これは、従来のデータ技術が、同量のストレージに対して1万5千ドル以上することを考えると、かなり重要なことです。ビッグデータは大きさを変更できるので、拡張と保全がより安価に行えます。
  5. 競争相手がビッグデータを使用している – 競争相手を追いかけることがいいことなどあり得ません。私たちは全員、コースの先頭を走っていたいものです。あいにく、私たちが先頭でいられなかった時というのもあるものです。あなたの競争相手がビッグデータを使用しているならば、彼らはあなたが見逃した可能性のある機会を押さえている可能性が高いですから、今こそ巻き返しを図る時です。競争相手からこのような手段を真剣に取り上げて、競争に参加する時かどうかの決断を早急に行ないましょう。

では、どうすればいいのか?

そうですね、これについて考えることを少し差し上げたわけなので、作戦を立てる時です。理由と目安のリストを検討して、ビッグデータがあなたに有用かどうかを決定しましょう。それでもまだ確信が持てないなら、まずビッグデータについてもう少し学習する時間をとりましょう。これら3つの資料は、ビッグデータ初心者全員にお勧めです。

経営者のためのビッグデータと Apache Hadoopガイド
Hadoop 購入者のためのガイド
MapR Hadoopブログ

ビッグデータはすべての業界でうごめいており、今、この間にもあなたのドアをノックし続けていることを発見して驚くかもしれません。

こちらの記事もおすすめです