HadoopTimes

SAP HANA Vora™ と MapR 連携の Lenovo リファレンス・アーキテクチャ

SAP HANA® と MapR の連携を実証したLenovo Sysytem x における検証レポート

SAP HANA Vora™ と MapR 連携の Lenovo リファレンス・アーキテクチャ様々なテクノロジートレンドが変化し、デジタル変革に取り組む企業にとっては、ビッグデータの活用が急務となっています。

これまで企業が投資してきた、ビジネスに欠かせない「守りのシステム」である基幹系データのデータを活用しつつも、来たるビッグデータやIoT 時代に備えて「攻めのシステム」をビジネススピードに沿うように構築するには、どのようなシステムアーキテクチャで設計すべきかベストプラクティスが求められています。

こういった課題意識を持ったお客様のため、インメモリ・プラットフォームを提供するSAP、ビッグデータのコンバージド・データ・プラットフォームを提供するMapR、ハードウェアに強みをもつLenovo、これらを統合してシステム構築を手がける伊藤忠テクノソリューションズの4社が共同で検証を行い、リファレンス・アーキテクチャを作成しました。

データ活用を検討する企業は、データの温度によってシステムを変えることでコスト効率を上げながら、あらゆるデータを透過的かつ統合的に活用できるこの統合分析プラットフォームによって、大きなビジネスメリットを得られると確信しています。さらに、リファレンス・アーキテクチャ化により、導入期間も短縮することができることを期待しています。ぜひ、ご覧ください。