HadoopTimes

Informatica with MapR を Cisco UCS のビッグ データ向け CPA に搭載

informatica-with-mapr-on-cisco-ucs-titleデータの量、速度、種類は絶えず進化を続けています。企業は、この進化がもたらす価値とインテリジェンスを活用するためのツール、潜在能力、時間を見つけることに苦労しています。

Hadoop のようなビッグ データ処理テクノロジーを使用してビッグ トランザクション データをビッグ インタラクション データに統合することは容易なことではありませんが、この統合を大規模に実施する場合は、より一層の困難が伴います。

Informatica の、業界をリードする独立データ統合プラットフォームは、企業のビッグ データから生み出される収益を最大化し、ビジネスにおける最優先事項をサポートします。

この資料では、Informatica のデータ統合プラットフォーム、Hadoop 向け MapR 分散、Cisco UCS のビッグ データ向け CPA を組み合わせることで生まれるビッグ データをより効果的に、かつてないコスト効率で統合、処理するためのパワフルな新機能について説明します。