HadoopTimes

ストリーミングアーキテクチャ Apache Kafka とMapR Streams による新しい設計手法
導入事例

ビッグデータがいかにモノのインターネットを通じて私たちに影響を及ぼしているか

ビッグデータは絶えず私たちの生活につきまとうものだが、実際にどれくらい日常生活に変化をもたらしてきたのかはわかりにくいこともある。ビッグデータが今日いかにたくさんの消費者の間に浸透したか、モノのインターネット (Internet of Things) を通じて詳しく見てみよう。
IoT-mapr-matrix
モノのインターネットは、データを送受信するためのネットワーク接続を利用して、日々私たちが使う物を相互に接続するものとして考えることができる。そういった点を意識していようといまいと、私たちはそういうものに囲まれている。そして、自分たちの生活を豊かにするビッグデータに依存している。

よく知られたモノのインターネットの事例が数社あります。

あなたを起こす ― LIFX、ilumi、GE

世界中のたくさんの人がビッグデータで1日の幕を開ける。スマートフォンからけたたましく響く不愉快な着信音で目覚めるよりも、こうしたスマートライティングの愛好家たちは日の出を模して徐々に明るくなる照明で優しく起こされることを好む。

スマートライティングの分野は急速な成長を遂げている。技術進歩という点でも、人気という点でも伸び盛りだ。 LIFXilumi 、それにGEは、スマートライティングの流行に飛びついた企業の一部にすぎない。ビッグデータを利用して、スマートライティングはさらにその可能性を伸ばすことも、センサーと機械学習の技術を応用して使用事例の幅をさらに広げることもできる。消費者は起きて、リマインダーをセットし、部屋のムード作りをし、防犯対策をし、そして眠りに落ちる。すべてはこれら小さな電球のおかげだ。

あなたの家の室温をコントロールする ― Nest

現代の技術により、私たちの家の室温は驚くほど正確にコントロールできるようになった。今や消費者には学習機能を備えた暖房と冷房システムという選択肢まである。
ネストサーモスタット (Nest Thermostat) のような製品は、最大限の過ごしやすさを追求しながら、室温や湿度の管理に人の手を極力必要としないことを目標に設計されている。機械学習と感覚技術によって、ネストサーモスタットはその家の持ち主が好む室温データを収集する。その後、その好みに合うように最適化された生活条件を自動で設定する。自動設定に加え、ネストサーモスタットは冷房費や暖房費を最小限に抑えるため、家主がしばらく家を離れた際には室温設定も変更する。これはサーモスタットにしては感動を覚えるほど見事だ。

健康を維持する ― Fitbit、Basis、Jawbone

健康やフィットネス (ウェアラブル端末) の分野ではかなりの進歩があった。 誰もが強く、健康になりたいと願っているが、私たちの中にはこれを生涯目標とする道具を持つ者もいる。この願望によって、数え切れないほどの健康にまつわる改革が促進された。ビッグデータはスマートヘルストラッカーの導入により、この分野におけるその素地を作り上げた。 FitbitBasis、それにJawboneが、健康維持とフィットネスに役立つ三大ウェアラブル情報端末を開発した。これらの端末は、とりわけ、消費カロリー、活動レベル、移動距離、睡眠の質、心拍数などのデータを記録および管理するのに役立つ。連動するプログラムを利用することで、こうしたウェアラブル端末はユーザーが自分向けにカスタマイズした目標を設定し、そこに続く道を作る手助けをしてくれる。

あなたの睡眠をお手伝い ― SleepIQ

現代の大人と子供の大半は十分な睡眠をとれなくなっている。この音もなく蔓延する現象は、個人の健康、そして社会にも危険な影響を及ぼしている。市場に新たに登場した解決策のひとつは、ユーザーが夜間によりよい睡眠をとれるよう、ビッグデータを利用している。

スリープナンバー (Sleep Number) のマットレスのようなSleepIQ技術搭載の製品がそうだ。こうした製品を実現するビッグデータ技術には、スリープナンバーのベッドに埋め込まれているDualAir技術と直接連動するセンサーも含まれている。何かを着る必要も、何かのスイッチを入れる必要もない。消費者がすべきことはただ寝るだけ。こうしたマットレスの上にただ寝るだけで、SleepIQを使う消費者は自分の呼吸数や心拍数の推移などを管理できるようになる。この技術はその後こうしたデータを集約して睡眠評価を行う。また、睡眠目標を設定し、集めた過去の睡眠データからアドバイスもしてくれる。

あなたのベビーモニター ― Owlet

現代の子を持つ親たちは、ビッグデータ以前には存在しなかった選択肢豊富なベビーモニターの進化を楽しんでいる。一方的に確認するだけのモニターを使う代わりに、Owletのような企業は、子供の健康にまつわる情報をこれまで以上に親に提供できるベビーモニター装置を開発した。靴下に埋め込まれたセンサーつきのブレスレットによって、親は自分の子供の心拍数や酸素レベル、皮膚温度、睡眠の質、体の動きをそのときのライブ映像で確かめることができる。この高度なモニターにより、乳幼児突然死症候群 (SIDS) や乳幼児がかかるほかの病気の継続的なリスクに対して、総合的な安心感が得られる。

こうしたモノのインターネット事例の端末に詳しくなることで、ビッグデータの知識をもっと深めることができるだろう。ビッグデータ技術を使ったこうした“スマート”な製品は、今日現代世界に生きる人間全員の生活に影響を及ぼす可能性を持っている。ビッグデータはここにある。あなたの家、あなたの車、あなたの体に。あなたが眠るとき、あなたが目を覚ますとき、あなたが生きているときに。あなたのそばにずっと。あなたはただそれに気付くだけでいいのだ。