HadoopTimes

実践 機械学習:レコメンデーションにおけるイノベーション
イベント

「データ活用最前線!」~データサイエンティストが語る現場の苦労と成功例~

多数のご参加をいただきありがとうございました。当日の講演資料資料を提供させて頂きます。
以下のページよりダウンロード下さい。

「データ活用最前線!」 資料ダウンロードページ

【日時】 5月20日(金)15:30~17:45(15:00開場)
【主催】 ネットアップ(株)
【共催】 三菱電機インフォメーションシステムズ(株)、マップアール・テクノロジーズ(株)
【参加費】 無料(事前登録制)
【定員】 50名
【会場】 ネットアップ(株)セミナールーム
東京都中央区京橋2-1-3京橋トラストタワー 10F
アクセス方法はこちら

ビッグデータがバズワードと言われるようになり、一方でデータ活用は間違いなくビジネスの必須要件となっています。当セミナーでは、SI、データ基盤ソフトベンダー、ストレージベンダーとデータ活用に関わる企業が揃い、ビッグデータやIoTというキーワードにとらわれず、「データ活用の実際」をお伝えします。これから始める企業の方々にはどう始めるべきかの、既に始められている企業の方々にはどう進化させていくかのヒントとなる情報をご提供いたします。

【アジェンダ】
15:30-16:00 【MDIS】
「製造業・流通サービス業におけるデータ活用とビジネス共創」
三菱電機インフォメーションシステムズ(株)産業第三事業部 営業第二部長 小林敦

製造業(工場)や流通サービス業(店舗)等におけるデータ活用の状況をご紹介すると共に、IoT時代のビッグデータ活用の可能性と、それに向けたシステムインテグレータとしての取り組みを紹介します

16:00-16:30 【MDIS】
「データ活用の現場では何が起こっているか」
三菱電機インフォメーションシステムズ(株)産業第三事業部 システム第二部 窪健太郎

データサイエンティストとしての訓練を受けてお客様先に駐在し、2年間に渡ってデータの収集、蓄積、及び分析の仕組みを構築した経験をもとに、ビッグデータ活用の現場の状況、またその業務や運用の立上げ、定着のプロセス等をご紹介します。

16:30-17:00 【MapR】
「これからのデータ活用基盤に求められること」
マップアール・テクノロジーズ株式会社 プロダクトマーケティング ディレクター 三原 茂

データ活用が進むにつれ、分析ニーズも日々多様化、進化する中でデータを収集、蓄積、活用するデータ基盤にはそれらの多岐に渡るニーズや1年前とは異なるニーズを支える柔軟性と発展性が必須となります。それらを満たすデータ基盤の要件やどうデータ活用を進めていくべきかの例をお伝えします。

17:00-17:30 【NetApp】
「ネットアップ社内事例とソリューション紹介」
ネットアップ株式会社 クラウド&SI推進室 ビジネスディベロップメントマネージャー 稲田昭仁

ネットアップでは自社製品の品質向上、トラブル解決の迅速化のためにビッグデータソリューションを活用しています。本日のセッションではネットアップの社内事例を通じて、拡張性が高く、コストパフォーマンスに優れたビッグデータ基盤をご紹介します。

17:30-17:45 【PoC環境ツアー】
NetAppビッグデータソリューション for MapRを使ったPoCが可能な環境を実際にご覧いただきます。ご要望に応じて実際の環境を使った検証を承っております。
18:00- 【懇親会】
ネットアップ社内「ネットアップ・ワンダーカフェ」にて

お問い合わせ

ng-japan-bigdata-qa@netapp.com、または貴社担当営業まで

※記載された社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。