HadoopTimes

【9/12開催】ビッグデータのIoTもAIもMapRと共に

多数のご参加をいただきありがとうございました。当日の講演資料資料を提供させて頂きます。
以下のページよりダウンロード下さい。

【9/12開催】ビッグデータのIoTもAIもMapRと共に 資料ダウンロードのご案内

~業界唯一の統合データ基盤とそのソリューション~(第一回)

【日時】 9月12日(火)13:30~17:00(13:10開場)
【主催】 マップアール・テクノロジーズ(株)
【共催】 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、SAPジャパン株式会社、
日本ヒューレット・パッカード株式会社 (五十音順)
【参加費】 無料(事前登録制)
【定員】 40名
【会場】 新丸ビルカンファレンススクエア902A

7月に開催されたConvergence Tokyo 2017はおかげさまでご好評をいただきました。アンケートやその後のお客様とのコミュニケーションには、「聞けなかったセッションがあったのでどこかで聞けないか?」や「もっとMapRについて知りたい」といったとてもありがたいフィードバックが多数ありました。

そういった声や当日ご来場いただけなかった方々、再度聴講されたい方々のお声に応え、より精査した内容でスポンサー各社ともう一度、ご参加していただきやすいように2度に分け、お客様のデータ活用のチャレンジへの答えやヒントとなる内容をお届けします。

【アジェンダ】
13:30-13:35 オープニング御挨拶及び本日の内容についてご説明いたします
13:35-14:30 MapR Converged Data Platformとは? そのコンセプトと機能、そして事例

マップアール・テクノロジーズ株式会社

データ活用に必要な要素をたった1つのデータ基盤で実現する業界唯一の統合データ基盤MapR。そのMapRがいかに優れたコンセプトを持っているか、どうお客様にメリットをもたらすのか、なぜデータ活用の礎となるのかについて、機能的なご紹介も含めご説明します。

14:30-15:10 CTCが実際に行ったプロジェクトの数々をご紹介〜データを活用し、価値あるものへ〜

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
ITプラットフォームビジネス推進第2部
主任 瓜田 幸代
ITプラットフォームビジネス推進第2部
渡邉 庸介

IoTデータの活用(分析)が様々な企業において進んできています。CTCでは、リアルタイムからバッチ処理までをカバーできるMapRを使ったエネルギーの見える化のテンプレートを作成しています。当日は、CTCで経験したプロジェクトをご紹介するとともに、例として、見える化のデモをお見せいたします。

15:10-15:25 休憩
15:25-16:05 SAPの考えるビッグデータ/AI時代のデータ活用アーキテクチャ

SAPジャパン株式会社
プラットフォーム事業本部
エバンジェリスト 松舘 学

オンプレミスとクラウドをまたいでデータが散在し、IoTやAI分野で様々なデータ活用が叫ばれているなか、25業界にわたるビジネスを知り尽くしたSAPが考えるデータ活用やそのアーキテクチャについてご紹介します。

16:05-16:45 Hadoopの認定技術者が語る!ビッグデータ基盤最前線

日本ヒューレット・パッカード株式会社
HPE認定オープンソース・Linuxテクノロジーエバンジェリスト
古賀 政純

近年、欧米では、IoTや機械学習といった最先端分野でHadoop基盤が積極的に利用されています。本セッションでは、MapRを使った最新のビッグデータ専用サーバー基盤のリファレンス構成、適用例、先進事例などをご紹介します。Hadoop、Spark、TensorFlowの自動配備技術の解説本「Mesos実践ガイド」の著者がついに登壇です。

※記載された社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
※お申し込み状況により抽選とさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
※講師、テーマなどは事前の予告なく変更させていただく場合がございます。あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。
※ご登録完了通知(兼受講票)はeメールにてお送りいたします。
※当日は受講票とお名刺をご持参いただきますようお願い申し上げます。
※個人、同業他社からのお申し込みは、お断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

セミナーに関するお問合せ

マップアール・テクノロジーズ株式会社

Eメール:
sales-jp@mapr.com