HadoopTimes

実践 機械学習:レコメンデーションにおけるイノベーション
イベント

データ活用の現実解と未来への展望

bigdata-front-line-2015-0710

~もうここまで来た!ビッグデータ統合・分析・活用の最前線~

今日、増え続けるデータを分析して売上向上/業務改善に積極的に活用しようとする試みが企業で盛んに行われ 効果をあげています。その一方で、分析すべきデータが散在している、技術的なハードルが高い、多額な投資はできない、といった企業のお悩みの声も聞こえています。
日本ユニシスは、これらのお悩みを解決するために、データ統合・分析基盤を支える技術・製品として「MapR(商用Hadoop)」「HP Vertica(DWHソフトウェア)」に着目し、活用実績を増やしています。

本セミナーでは、これらの商品を紹介するとともに、クラウド環境で両商品を組み合わせて、より効果的なデータ統合・分析基盤機能を提供する、新しいサービスをご紹介します。
まだデータ分析に踏み込めていない企業様、すでに行っているが課題を抱えている企業様に、ぜひご紹介したい内容です。

開催概要

日時 2015年7月10日(金)14:00~17:00 (13:30受付開始)  ※開催日前日の15:00までお申込みいただけます。
会場 ベルサール東京日本橋 中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー
参加費 無料(事前登録制)
定員 100名(定員になり次第締め切らせていただきます)
対象 情報システム部門、経営企画部門、マーケティング部門等の方
主催 日本ユニシス株式会社
共催 日本ヒューレット・パッカード株式会社、マップアール・テクノロジーズ株式会社

MapRのセッションは以下になります。
14:20~15:10  【Session1】 データ分析をビジネスに活かす1: Hadoop/NoSQLの活用事例となぜHadoopなのか
データウェアハウス(DWH)が扱うデータ量はここ数年で飛躍的に増大しており、大量データを高速に分析してリアルタイム経営の実現や新しいビジネスの創出など、次なる戦略に反映させていく必要が出てきています。本セッションでは、そのような今日のDWHの課題を解決できる、新たなDWHソフトウェア「HP Vertica」とその活用事例をご紹介します。

詳細、お申し込みはこちら