HadoopTimes

実践 機械学習:レコメンデーションにおけるイノベーション
最新動向

ビッグデータの転換期 – この先の見通しは明瞭である –

過去数ヶ月間に様々なビッグデータの会議に参加し、とても重大なことに気づき始めました。それは、「ビッグデータとは何なのか ?」または「ビッグデータの 3 つの V 」 についてのみに単に焦点を当てた話し合いが著しく少数 ( ほぼないに等しい )であるということです。成功実施事例、領域特化型の使用事例、有用な適用法、学んで得られた知識、そして現実の結果等について調査された内容のプレゼンテーションならば、より多くのものが存在します。
ビッグデータという文化にどっぷり浸かっている我々は、最初はとらえ難いものであったが現在はほぼ明白だと思われる、この重大な移行をもしかしたら見逃してしまったのではないでしょうか。

この件について私が初めて気づかされたのは、サンタクララで2014年4月に行われた イノベーション・エンタープライズ による ビッグデータ イノベーション サミット においてでした。何度も行われた話し合いから、比類なく有用でそして情報に富むものを得ることができました。会議ノートに16 ページにも及ぶ詳細な記録を走り書いたのですが、それでも私はあの 2 日間の間に得られた深く価値のある内容のほんの一部分をかじったにしか過ぎません。とりわけ、 MapR による当サミットでのプレゼンテーション ( MapR の製品管理シニアディレクターであるアヌープ・ダワー による ) は、私が 「 HはHadoopのH、膨大な塊の役立つビッグデータの潜在能力と共に(英文) 」の記事を書くことを鼓舞してくれました。

ビッグデータの状況の移行について2番目に ( 今度はより強く ) 気づきを与えてくれたのは、サンディエゴで2014 年 5 月に行われた レバレッジ ビッグデータ サミット においてでした。この猛烈な ( しかし非常に有益な ) 2 日間のイベントで、会議の最後のパネルディスカッションの最中に観客の仲間たちは、 ビッグデータのガートナーによるハイプ・サイクル上で私たちはどこにいると思うか、について投票するよう訪ねられました。 ハイプ・サイクル上で私たちはどこにいるのかという質問の、この非科学的な投票に参加するために部屋に残っていたのはわずか32人程のみでした。

  1. 黎明期 – 0 票
  2. 流行期 – 9票
  3. 流行期と幻滅期 の中間地点– 15票
  4. 幻滅期 – 0 票
  5. 回復期 – 5票
  6. 安定期 – 3票

つまり、ほとんどの投票者は我々がハイプ・サイクルの頂点にいるわけでも、データ駆動型の好みに対する絶望と疑いの深部にいるわけでもない、と信じていました。半数程が我々は未だ底辺には到達していないと考えていたわけですが、それでもなお我々は共同体として、また教訓として、次の時点に進んでいたのです。これはとても良い知らせでした。楽観があるのは明白です。 この自己正当および ( 悩みや苦しみから ) 何度も互いに手を揉んでしまうような集まりは、会議の予定表には含まれていなかったが、我々は総じてなかなか嬉しい思いでビッグデータ分析の仕事( いや、この会議の場合には「ビッグデータのレバレッジを行うこと」と言えます ! ) に取り組めました。

会議の後、私は学んだ数々な重要な知識と、( SAP の ) コリン・ドーヴァーが会議で発表した賢明な教えを批評した 「 ビッグデータを次のレベルへ」 の記事を書く気力が湧いてきました。コリンの話で一番の重要事項は、彼の言葉「文化は戦略をお昼ご飯に食べてしまう」でした。ビッグデータに対する世界の見方の積極的かつ前向きなものへの移行は、この文化の問題( それでもなかなか大切かつ重大であるが – すなわち、まだほとんどの企業文化がビッグデータ分析を採用していないのです )が今より少なく消極的かつ否定的となり、より建設的に批評されるであろうと指摘しています。(ああ、何ページに渡る覚え書きをこの2 日間で私はノートに走り書きしたのだろう ? 26 ページだ。)

ビッグデータ分析に関するこの移行が更に生産的な ( そしてより少なく誇大宣伝され、より少なく懐疑的で ) 動きであるということを私に最も納得させてくれた3番目の出来事は、2014 年 6 月にボストンで行われた ユーズフル ビジネス アナリティックス サミット でした。この会議の名前自体が既に事を全て語っていた。焦点は、有用なビッグデータ分析 ( すなわち、使用、使用事例、ユーザーエクスペリエンス、使用結果、有用な適用 ) です。

会議の話し手は、旅行、エンターテイメント、スポーツ、放送、金融、教育、リテール、保険、自動車、ソーシャルメディア、製造、電気通信、エネルギー、ネットビジネス、そしてその他、と様々な異なる層から構成されていました。それぞれのプレゼンテーションにおいて、ビッグデータ分析のビジネス事例とビジネス価値は明らかでわかりやすいものでした。会議の中の話題について書かれたいくつかの大変興味深い記事 があり、これらはイベントまたは イベントの後に繋がりました。これらの記事は更なる見識、助言、学んで得られた知識、推薦、ヒント、およびインタビュー ( 謙遜された意見をはじめとして ) を提供しています。

私はユーズフル ビジネス アナリティックス サミット には一日しか参加できませんでしたが、それでも 16 ページに及ぶ覚え書きをノートに書き残すことができました。数を数えているあなた方のために、上述した三つの会議に際しての私の覚え書きの量は、時間と共に単調に増えていきました。最初の会議では1日 8 ページずつ、2番目の会議では一日 13 ページずつ、そして三番目の会議では一日 16 ページずつという具合でした。

この傾向はさらに今日のビッグデータ分析に携わる専門家によって語られる数々の話および開発されたソリューションの益々増加する有益性と価値を示しています。 MapR により提供されるビッグデータ Hadoop のソリューション全ての批評は、有益な情報である March newsletter を見て頂き、そして新しく出来た素晴らしい MapR Apps Galleryをチェックしてみてください。 あなた独自の 事例に適用されたこの大変役立つツールによって、あなたもビッグデータと共に転換し、その安定期において確実な発展性を達成させることができます。

こちらの記事もおすすめです