HadoopTimes

実践 機械学習:レコメンデーションにおけるイノベーション
イベント

Asakusa Frameworkトレーニング

分散処理技術を使い易くするフレームワーク Asakusa Framework を学ぶ

Hadoop と Spark を生産性高く簡単に開発し, 継続的な運用を可能に

情報戦略強化に向けたビッグデータ処理基盤として活用の領域が広がって参りました Hadoop & Sparkを使い易くする Asakusa Framework トレーニングコースのご案内をいたします。

今回はトレーニングに加え、Hadoop や Spark といった分散処理技術の有益な適用領域はどこなのか、金融業界や製造業界などの実際の業務レベルでの事例を交え、活用のポイントについての情報提供も併せてお伝えいたします。

日時

3月7日(月)、8日(火)(2日間)

Asakusa Framework/Hadoop/Spark の活用領域例

・リスク管理システムの高速化(信用リスク、ALM、等) (金融業)
・ロングバッチの高速化、ホストオフロード(金融業)
・コンプライアンスチェックの精緻化(金融業)
・代理店別コミッション計算、シミュレーションの精緻化、高速化(金融業)
・料金系システムでの請求データ生成処理高速化(通信業)
・製品原価計算の高速化(製造業)
・原価計算可視化(製造業)
・IoTビッグデータ活用のための共通処理基盤(製造業)
・DWHオフローディング(製造業)
・トレーサビリティーマネジメント(製造業)
・レイバーコントロールシステム(サービス業)
・データーセンター全体の原価計算処理 Activity Based Costing (製造業)
・カテゴリーベースの利益管理から単品ベースの利益管理(製造業)
・設備系データ年次更新の高速化(サービス業)
・料金シミュレーション(ユーティリティー)

詳細、お問い合わせ、お申し込み

http://www.nautilus-technologies.com/service/training.html