HadoopTimes

実践 機械学習:レコメンデーションにおけるイノベーション
イベント

2015 Asakusa Framework Day

ビッグデータ、IoTを支える技術、Hadoop/Spark等の最新オープンソースで、本当にビジネスは変わるのか?いったい、どんな業務に役立つのか?最先端データ利活用のユーザ事例とパートナーが集結!

Apache Hadoopのエンタープライズ領域への導入・活用が進んでいます。
また、Hadoopが不得意とする部分を補完する新たな分散処理技術として、Apache Sparkにも注目が集まっています。

Asakusa Frameworkは従来のテクノロジーでは遅かったバッチ処理を、Hadoopを活用して高速化する日本初の開発・実行用 OSSフレームワークです。

Asakusa Frameworkが公開されてから丸4年を経過し、それまでHadoopが苦手としていた小さなジョブに対応するためのスモールジョブ実行エンジン、DWHオフロードやBIツール連携に利用されるSQL on Hadoopとのデータ連携、更にAsakusa on Sparkがリリースされ、様々な分散処理エンジンに対応可能な活用できるフレームワークとして進化を続けています。

本セミナーでは、最新ユーザ事例として、さくらインターネット様に登壇いただきデータセンターの原価計算に、Asakusa on Sparkを導入した事例をご紹介していただきます。
また、Asakusa Framework活用を推進するソリューションベンダによるパネルディスカッションにより、ビッグデータの最新動向と、Asakusa Frameworkに関する生の声をお届けします。

ビッグデータ、IoTをキーワードにしてHadoopやSparkの利用を検討中の方、バッチ処理時間を高速化したいと悩んでいる方まで、皆様のお申込をお待ちしております。

日時 2015/11/27(金) (開場 13:00)13:30-18:00 (予定)
会場 新日鉄住金ソリューションズ株式会社
東京都中央区新川二丁目27-1
東京住友ツインビル東館 23Fセミナールーム
http://www.nssol.nssmc.com/corporate/map_twin_building.html
※受付は1Fにございます。受付後エレベータにて23Fにお越し下さい
(アクセス)
JR京葉線「八丁堀」駅 B4出口より 徒歩8分
地下鉄日比谷線「八丁堀」駅 A4出口より徒歩10分
地下鉄日比谷線、東西線「茅場町」駅 1出口より徒歩15分
JR東京駅八重洲口バスターミナルより、都営バス 東16系統
都営バス「住友ツインビル前」行き 終点
主催 OSSコンソーシアム Asakusa Framework部会
想定聴講者
  • Asakusa Frameworkに興味のある/適用を検討中の方
  • バッチ処理時間の長時間化や遅延に課題をお持ちの方
  • 詳細・大量のシミュレーションの実現に向けデータ処理にお困りの方
  • HadoopやSparkの最先端OSSの活用を検討中の方
会費 無料
定員 90名
(お申し込みが定員に達し次第、受付を締め切らせていただきます。 )

お申し込みはこちらから

こちらの記事も併せてご覧ください

Asakusa Frameworkの実力、Azureの多機能、シスコのハイブリッドクラウドソリューションを見る