HadoopTimes

ストリーミングアーキテクチャ Apache Kafka とMapR Streams による新しい設計手法
最新動向

小売業で一般的な5つのHadoop活用法

小売業者はそれまでに無かった、顧客に関する独自の優位性を得ることができました。消費者行動 (オンライン、モバイル、店頭) を分析できるようになり、より効果的なマーケティング戦略の計画、消費体験の改善、収益の増加が可能になりました。これらは全て、Apache Hadoop無くしては不可能です。Apache Hadoopは、最も有用なビッグデータ・ストレージであり、フレームワーク処理を可能にするからです。
かつては、消費者パネル調査、フォーカスグループ、ゲスワークを参考にしていました。それが今では、ソーシャルメディア、インターネット検索行動、顧客の入力情報を活用できます。小売業者は、消費者個人に集中できるようになりました。かつてのように、集団を調査して僅かな結果だけを得る必要はなくなりました。

小売業でのHadoopの活用

マーケット戦略やターゲティング広告における活用法は、多岐に渡ります。詳細はこちら (小売業界におけるHadoop活用法) をご覧下さい。ここでは、その中から最も一般的な5つの活用法を紹介します。

顧客の理解

ソーシャルメディアの恩恵で、顧客との相互作用は今までよりも容易になりました。今では、消費者はフィードバックを直接送信でき、広告は消費者の性質や検索ワードに合わせて表示できます。Hadoopは、店頭での取引データを読み取り、蓄積することで、顧客のライフサイクルステージを特定することができます。これにより小売業者は、在庫管理費を減らし、売上を向上させ、ロイヤルカスタマーへの土台を築き、維持することができます。

ブランドセンチメント分析

商品発売、販売促進、競合他社の行動、ニュース記事、店頭での体験。こういったものは全て、顧客のブランドへの印象に影響します。小売業者にとって、世間での自社ブランドへの認識を理解することは大切です。理解することで、販売促進、広告、立地、方針を適宜調整できるからです。Hadoopは、ソーシャルメディアのウェブサイトや、ブラウザ検索からの情報を蓄積、処理し、リアルタイムなブランドセンチメントの把握を支援します。

販売促進のローカライズ、パーソナライズ

小売の販売促進を効果的にローカライズ、パーソナライズするためには、モバイルアプリが有効です。アプリのプッシュ通知を活用し、利用者それぞれに応じた販売促進を行ったり、顧客データに沿って、近くで販売中の特定の商品情報を通知することもできます。位置情報技術を、過去から蓄積された情報やリアルタイムのストリーミングデータと結びつけ、独自のマーケティング戦術を実現します。このような方法で小売業者を支援できるのは、Hadoopだけです。他のプラットフォームには、このような機能はまずありません。

ウェブサイトの最適化

消費者が小売業者のウェブサイトを閲覧する際のページ遷移データを調査することで、消費者のクリック傾向、取引データ、サイトの欠陥を確認、分析できます。この情報は、サイトのアップデートの優先順位を決めたり、A/Bテストを行ったり、バスケット解析をする際に役立ちます。また、消費者行動を理解し、より良い消費体験を築いたり、消費者個人に応じた効果的なアプローチを実現するのにも有用です。たとえば、消費者の行動パターンを分析し、ウェブサイトのある部分が全く稼働していなかったことが分かった場合、考えられるのは、その部分に技術的な問題が生じていること、もしくはその部分が消費者にとって魅力的ではないということです。それを踏まえた上での調整が可能です。原因がどちらにせよ、問題が解決されれば収益の増加が見込まれるでしょう。

店頭レイアウトの再設計

店頭レイアウトは、商品の売上に著しい影響を与えます。しかし、店頭の消費行動は、小売業者にとって最も追跡が難しい部分です。あらかじめ登録されたデータが不足していると、消費者が何を見て、どのくらい滞在したのか、などといった情報にずれが生じます。小売業の現場でよく見受けられるのは、ほとんど売上に影響しない余分なスタッフを雇用していることです。実際の問題は、商品の配置や店頭レイアウトにあるにもかかわらずです。このようなギャップを解消するため、RFIDタグやQRコードといったセンサーが開発されました。Hadoopは、これらのセンサーからの情報を蓄積し、小売業者による消費体験の改善および費用削減を支援します。

まとめ

Apache Hadoopは、フレームワーク処理機能を持つ包括的なビッグデータ・ストレージです。小売業者が消費体験を最適化し、売上を上げ、在庫管理やマーケティングにかかる費用を削減するのに効果を発揮します。この包括的な技術を利用すれば、小売業者はマーケティング努力に集中し、顧客や顧客ニーズを理解し、顧客それぞれに適した消費体験を提供できます。それが、好ましい利益をもたらす顧客の創造につながるのです。

こちらの記事もおすすめです