HadoopTimes

ストリーミングアーキテクチャ Apache Kafka とMapR Streams による新しい設計手法
イベント

Hadoop / Spark Conference Japan 2019

日本Hadoopユーザー会主催イベント『Hadoop / Spark Conference Japan 2019 』 を3月14日に東京・品川区内で開催します。

今回は、Apache Hadoopの主要開発者であるArpit Agarwal氏(Cloudera)とApache Sparkの主要開発者である Xiao Li 氏(Databricks)をお招きして、それぞれHadoopの新機能のOzoneと次期バージョンSpark 3.0についてご講演いただきます。 様々な講演者が集結し、技術トピックはもちろんのこと、Smart News、LINE、ソフトバンク、楽天等によるHadoop / Sparkの事例・取り組みも紹介いただきます。また、ライトニングトークもランチタイムに行われます。講演の後は、同じ会場内で懇親会も開催されます。

このほか、会場内では、Hadoopゾウさんの登場、きらきらシールの配布、スポンサーブース、などの実施を予定しています。

■日時
2019年3月14日(木) 10:00~19:00 (受付開始 9:30)

■会場
きゅりあん (東京都品川区、大井町駅すぐ)

■主催
日本Hadoopユーザ会

■スポンサー(申込順)
株式会社サイバーエージェント、LINE株式会社、Dell EMC、ヤフー株式会社、 株式会社NTTデータ、Cloudera株式会社、マップアール・テクノロジーズ株式会社、トレジャーデータ株式会社

詳細、お申込みはこちら