HadoopTimes

ストリーミングアーキテクチャ Apache Kafka とMapR Streams による新しい設計手法
イベント

「HPExMapR 共催セミナー」IoT/AI Platform Conference HPE ApolloとMapRを活用した最新導入手法のご紹介

この度は、2019年1月23日(水)<新丸ビル コンファレンススクエア Room 902>にて開催の「IoT/AI Platform Conference」にお申込み、ご来場いただきまして、誠にありがとうございました。

お蔭様を持ちまして盛況の内に終了させていただくことができました。お申込みいただきましたお客様、ご来場いただきましたお客様には、厚く御礼申し上げます。

当日の講演資料は下記プログラムのボタンよりダウンロード可能となっております。ご査収いただけますよう宜しくお願いいたします。

本セミナーが、お客様のビジネスの一助となりましたら幸いです。

開催概要

米国Hewlett Packard EnterpriseとMapR Incの両社が、用途特化型サーバーであるHPE Apollo
Serverと、MapRの基盤を組み合わせ検証を進めた結果のベストプラクティスをこの度Reference Architectureとしてまとめました。HPE
ApolloはIoTの核となるEdgelineから、ストリーミング・バッチ基盤となるApollo 2000、Software Defined Storage基盤となるApollo
4200、AI/MLの基盤となるApollo
6500までBigDataを使ったIoT基盤を開発するために必要となるソリューションをエンドトゥエンドで揃えました。本セミナーでは、これらを活用した次世代IoT基盤の開発や事例をご紹介しながらの導入手法をご紹介いたします。

開催日: 2019年1月23日(水)
開催時間: 14:00~17:30(受付開始:13:30)
会場: 新丸ビル コンファレンススクエア Room 902
主催: 日本ヒューレット・パッカード株式会社
共催: マップアール・テクノロジーズ株式会社
定員: 50名
受講対象者: ① 情報システム部門、企画部門、ユーザー部門
② AI/IoT基盤の導入ご検討中のお客様
※ 個人アドレスでのご登録、競合他社のご参加はお断りする場合がございます

プログラム

時間 内容 資料
14:00~14:05 ご挨拶
14:05~14:50 デジタルがもたらすビジネスと市場の構造変革 ~ Models & Strategies in Connected-Economy
デジタル化は、コスト削減や効率化を目的とする従来の情報化と異なり、ビジネスや市場の構造変革を捉えた新たな事業モデルの創造が鍵である。例えば、デジタルテクノロジーはつながりを可視化する。取引は、匿名大衆を対象として財やサービスを貨幣と交換するモデルから、顕名個客の5W1Hに紐づくつながりのモデルに重心を移しつつある。必然的にビジネスの主戦場も交換の市場
(what you have) からつながりの市場 (who you are) にシフトし、競争力の源泉は匿名取引を前提にした統計 (Macro-Statistics) から顕名取引時代の分析
(Micro-Analysis) にシフトする。 本セッションでは、グローバル市場における先進事例の独自分析を踏まえ、デジタル戦略の考え方を紹介する。

株式会社インテック プリンシパル
大阪大学 招へい准教授
Tクラウド研究会 発起人・幹事
中川 郁夫 氏

14:50~15:30 AI イノベーションプラットフォームの実現に向けて
“企業が保有するデータから新たなアイディアを生み出し、そこからいかに短期間でビジネス価値を創出できるか”
新しいビジネス機会を獲得するために、あるいはビジネスの脅威となる競合企業に対抗するために、この考えを実現する手段としてデータ分析、AI、特に機械学習が非常に重要になってきています。ただしエンタープライズITにおいて、機械学習をビジネスに活かすためには、分析技術のみならず、データの管理やハンドリング、コンテナ基盤など、自社にとってのプラットフォームアーキテクチャをどのように捉え、次期基盤の本番環境にどう活かすべきなのかが重要になります。本セッションでは、これらの課題を解決するAIイノベーションプラットフォームについて、事例を交えてご説明いたします。次世代基盤検討のヒントをご提供できれば幸いです。

日本ヒューレット・パッカード株式会社
Pointnext事業統括
シニアコンサルタント
土田 隆文

ダウンロード

15:30~15:40 休憩
15:40~16:20 データのポテンシャルを最大限に引き出す HPE+MapRで実現する次世代Data Lake
最近ではディープラーニングを小さなチップレベルで回せるようなハードウェアも登場し、エッジでAIを活用して実現出来る事が爆発的に広がりつつあります。この根本に存在するものはやはりデータです。
今やデータを集め、データから知見を見つけ出し、コンピュータに学習させて新たなAIを作り出したり、既に存在するAIを効率良く活用する事が、変革の鍵になりつつあります。
HPE+MapRで作るシンプルな次世代Data Lakeが、データの持つポテンシャルを最大限に引き出し、デジタルトランスフォーメーションの推進を支援します。

日本ヒューレット・パッカード株式会社
ハイブリッドIT事業統括
データプラットフォーム統括本部
技術本部 本部長
川端 真

ダウンロード

16:20~17:00 プラットフォームから見るIoT/AIの課題と解決策
‐MapR+Apolloで実現するリアルタイムデータレイク‐
MapRは分散ファイルシステム、NoSQL、ストリームアーキテクチャを本当の意味でワンプラットフォームで構築できます。
既存のIoTプラットフォームの課題やIoT/AIを始めるためのプラットフォームに課題を抱えているお客様向けに、MapRはApolloと組み合わせてどう解決するのか事例を含めてご紹介します。

マップアール・テクノロジーズ株式会社
ソリューション・エンジニア
梅川 真人

ダウンロード

17:00~17:30 個別Q & A

※プログラム、タイトルは、予告なく変更される場合があります。
※ブラウザに古い情報が残っている場合がありますので、最新のセミナー情報は、ブラウザの「更新」ボタンをクリックしてご覧いただくことをおすすめします。